キッザニア東京で、“いい気分”

先日、懸賞に当たり、家族を連れて「キッザニア東京」へ行ってきました。

ソフトクリーム屋さんから、モスバーガー、消防士、銀行員まで。

子供にとっては、まさに、夢の国。
小学5年生の長女と、幼稚園児の次女は、夢中で遊んでいました。

接客・サービス業を中心としたお店屋さんをはじめ、様々な職業を
体験し、用意されたコンテンツながら、大人さながらに、
頑張っていました。

当初、大きな話題になったキッザニア東京。
開園から10周年だそうです!

平日でしたが、たくさんの親子連れでにぎわっていました。
子供たちも、みな、目が輝いていました。

それを見ている妻とわたしも、なんだか良い気分で童心に帰り、
愉しい1日を過ごせました。

小さなお子さん連れのママさん、パパさん。
何人もつれて来ていて、大変なはずの親たちも、みんな一様に笑顔。

いい雰囲気に満たされていました(^o^)
都会が苦手な私も妻も、珍しく、そんな気分に一緒にひたれました。

実は、人のカラダにとって一番良いことって、
“愉しいこと”や“楽しいこと”をしている時なのですよね。

もちろん、私も整体師として、仕事柄わかりますが、
腰痛や首の痛み、肩こり、頭痛がひどくて、たのしい気分には、
中々、なれないものです。

それでも、“いい気分” “マシな気分”を意識して、探していくと、
幸せになっていきますよ。

心の幸せは、間違いなく、カラダのしあわせにつながります。

いきなり、最悪の気分から最高の気分になるのは、
むずかしいです。

なので、今日も少しでも“いい気分”を探して生きていきましょうね(^^)