ゆふがほきらら先生

昨日、秦野ひまわりヨガ主催の舞踏家 ゆふがほきらら先生のお宅へ

急遽、おじゃまさせて頂きました。

 

今月28日に、地元の公民館でヨガ&操体法の講座をやる打ち合わせをしてきました。

 

きらら先生は、現代の菩薩様のような方で、

マタニティヨガや障害を持つ方々へのヨガ。

 

東日本大震災の被災者の方たちへの支援、等。

 

とにかく、多岐にわたって、地道に活動されてきています。

 

とにかく、すてきな人です。

 

 

東北以外でも被災がありながら、あまり知られていない地域の

サポートもされていました。

 

下記は、ドキュメンタリー映画の予告編です。
(実は、予告しか見ていないので、自分も本編が観たい)

 

 

 

予告編にもある通り、

きらら先生は、シングルマザーで4人のお子さんを

立派に育てられています。

 

ご次男の龍君は、難病を患いながらも、

すばらしい絵を描く才人です。

 

 

きらら先生は、いつも

「つぶ」という表現をされます。

 

生命(いのち)のつぶ、という意味です。

 

誰もが、いのちの「つぶ」をもっていて、

「つぶつぶ」がはじけ飛んでいる

と、先生は云われます。

 

もう、随分前から、きらら先生とお会いしていて、

この言葉の意味が分かりませんでしたが、

昨年くらいから、自分なりに「つぶ」を感じることが出来るようになってきました。

 

「つぶ」は、生きていれば、みんな持っています。

 

躍動します。

 

別に、特別なことはいりません。

 

自分が好きなことを夢中で、取り組んで、

そして、1日が終われば、「つぶ」はいつも、はじけています。

 

シンプルです。

 

 

 

きらら先生と打ち合わせの際、操体法を体験されたことがない

と云われたので、ほんのわずかでしたが、セッションさせて頂きました。

 

初体験ながら、操体法の基本操法に入ると、

きらら先生の身体がクネクネトと動き出しました。

 

いわゆる自発動(カラダが勝手に動き、自己調整を始めること)がおこり、

通常、操体法やリラクセンス等で、出るものとは違い、

野口整体の活元運動に近い、動きでした。

 

ただ、野口整体とも違った動きでもあります。

 

きらら先生は、舞踏家でもあるのですが、

舞踏の最中にトランスに入られる時があり、

その動きの時と同じような状態でした。

 

わずか数分で、体温が上がり、顔は紅潮されていました。

流石、きらら先生。

すぐに、「いのちのつぶ」がはじけ出します。

 

 

ご自身もたくさんの課題を抱えながら、

日々、生活をされているにもかかわらず、

私や家族のことを思いやってくださっています。

 

本当に、頭が下がります。

 

生きている菩薩様なので、

な~む~。

と、ご本人のいないところで、手を合わせます(^_^)

 

きらら先生との講座、楽しみです。

 

 

「つぶ」と「操体法」

 

どうやら、同じもののようです(*^o^*)

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日  : 日曜、祝日
◆所在地  : 神奈川県秦野市北矢名 1093-7
◆最寄駅  : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
         東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

 

 

 

 

2016年8月15日 | カテゴリー : からだ, 健康 | 投稿者 : masabud-dha