玄米はカラダにいい、って、本当?!

閑話休題。

 

 

今日は、ちょっと食物の話。

整体的観点から見ても食べ物の話は切り離せない。

 

 

 

 

 

 

テレビや新聞、ニュースは、為政者とマスコミに都合の良い報道が多い。

ネガティブキャンペーンがすさまじく、それが嫌い。

 

なので、自分はあまり見ません。

 

 

ただ、興味のある話題や、ネットでタイトルや写真に惹かれたブログ(アメブロも)等は

チェックしたりします。

 

 

 

 

その中で、最近気になっていたのが、

 

 

玄米。

 

 

今や健康食の代名詞ともなりました。

 

 

 

健康食。

ダイエット食。

カロリー制限。

食養生。

ファスティングの回復食。

 

 

 

あらゆる栄養素が含まれており、噛みごたえもあるので咀嚼力も上がる万能食。

 

玄米を美味しく感じられないから食べないけど、カラダにはいいんでしょ。

 

これが今や世の中、一般の多くの方の認識だと思います。

 

 

 

先ほど、メディアの話をしましたが、

 

盲目的に、“玄米はカラダに良い”という風潮も、

 

これら健康関連メディアの影響かと思います。

 

 

 

偏り過ぎた情報は危険です。

 

 

 

なので、事実を書いておきます。

 

 

 

 

実は、玄米には問題点が多いことはあまり知られていない。

 

 

 

 

 

 

大分前の話ですが、私は一時期ヨガにはまり、玄米を試していたことがあります。

玄米ジュースというものを作ったりして、妻にも栄養があるよと勧めて飲ませていたりしました。

 

毒素が妻の母乳から伝わり、当時、一歳の長女がお腹を無性に痛がるようになり、

やがて血便が出るようになりました。

 

いくつかの大学病院や小児専門の大病院等を渡り歩いて、

原因は大開腹検査(おなかを大きく開く手術)をしないと分らない。

 

 

開けてみても分らないかもしれないが、とも言われました。

 

 

幼い女の子のお腹なんか切らせてなるものか!!

 

 

あらゆる情報を調べ、アウトローながら良いお医者さんに出会い、乳酸菌に行きついて

約一ヶ月で治癒しました。

 

 

実は、その後に妻がはじめたホメオパシーで、まだ長女は3歳の時も母乳を飲んでいたので、
再び、腹痛のつらい目に合わせてしまった経験があり、この時も乳酸菌をいくつか併用して、

毒素を体外へ排出し、何とか回復しました。

 

玄米で健康を取り戻した人もたくさんいるとも聞きますので、

全面否定するわけではありません。

 

 

ただ、自分自身が経験し、娘を救うために必死に調べた記憶がありますので、

ご参考にはなるかと思います。

 

 

玄米には、毒性のあるアブシジン酸とフィチン酸があります。

 

 

ちなみに、七分づき米にすると、この毒素は検出されないそうです。

 

玄米を研究し尽くされてきた、免疫学のエキスパートの博士から

直接レクチャーを受けました。

 

 

これは、小麦等も同様です。

 

 

小麦製品はグルテンが入っているので、たくさん食べると腸内が悪玉菌で

いっぱいになってしまいます。
 

最近では、ジョコビッチの本でも話題になりましたね。

 

 

全粒穀物、豆類にも、「フィチン酸」が豊富に含まれています。

 

 

ここまで書いて、興味のある方は自分でネットでいくらでも調べられるからいいかと思いました(笑)。

以前に自分が必死に本を読み漁って調べていたころとは違い、検索すればすぐに出てくることでしょう。

 

ですが、せっかくなので、明日、続きを書きますね。

 

一度に長いと、途中で読まない人がいるから(笑)。

 

 

(続く)

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です