いつまで命はつづくのか

小林麻央さんが逝かれました。

自分は、ふだんテレビもあまり見ませんし、芸能関連の話題も興味を持つ方ではありません。
興味本位、あるいは、ネガティブな話題が多く、あえてそうしたものに触れる機会を極力持たないようにしたいからです。

それでも、世捨て人ではないので、多少のネットでニュースくらいはのぞいてみます。
麻央さんの闘病生活や海老蔵さんの様子は、PCを開いてネットを見れば、すぐに飛び込んでくるほどに話題になっていたので、詳細は存じませんが、時折拝読していました。

深刻な状況であることは察せられましたが、やはり、訃報を知るととても早くお亡くなりになられた思いがして、ただただ、残念でした。

幼き我が子を思いながら、精一杯、生きぬかれて天に召された麻央さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

誰もが、あと何年生きられるかはわかりません。

私もあなたも

明日の朝、目が覚めるかさえも、誰にもわからないのです。

おそらく無意識にですが、人は自分だけは、容易に死ぬことはないだろうと思い込んでいます。

本当はそうではありません。
誰も明日のことはわからないはずです。

命の境を潜り抜けた方は、このことに早く気がつかれます。

親や環境も決められたところで生まれてきます。
スピリチュアル的には、そこに意味があり、選んで生まれてきたと言われますが、
自意識のレベルでは、やはり、生まれてきたときの境遇は選べないと感じるはずです。

つまり、あえて俗な言い方をすれば、生まれてきたときから不平等です。

お金持ちで容姿端麗、健康に生まれてくるのと、
その逆の場合では、後者の人は、かなりしんどい状態のスタートと感じると思います。

そして、生きていれば、

齢をとり老いる

病気になることもある

怪我をすることもある

そして、必ず

死がおとずれます

生きていくことは不平等で、ツラく悲しい思いもたくさん背負いながら、日々を繰り返すことでもある

では、

生きていることは

生まれてくることは

ムダでしょうか?

小林麻央さんの懸命な生き方とささえる家族の姿を知り、自分はとても生きることを考えさせられました。

やはり、生まれ、生きて、死を迎えることには意味がある

強烈にそう感じました。

大きな節目を迎えられた海老蔵さんのご家族

そして、同じような境遇を生きられている多くの方々

どうか、さらに力強く生を歩まれることを願い、今日は筆をおきます。

痛みは悪者・・・ではないのです

痛みが出ると、なんとかしたくなる

当たり前の反応だと思う。

痛みが強ければ強いほど、
長引けば長引くほど、

憂鬱だし、不安だし、やりたくてもできないことが増えている気がして、気も滅入る

この痛みさえなければ・・・。

自分自身、過去に3年近く坐骨神経痛に苦しんだ経験があるので、その気持ちがよく分かります。

 

ただね。

痛みがあるから救われている部分が、たくさん有るわけなんです。

例えでよく使われるのが、熱いフライパンやストーブに誤って手を置いてしまって、そのままだったら火傷するでしょ、という話

痛みや不快感で示して、教えてくれているから、それ以上無理をできないように、
あるいは、ピンチを察知して、身を守ってくれているのです。

 

ギックリ腰のような緊急時の場合は、強烈な痛みを

慢性症状には、なかなか解消されない痛みや不快感で

 

そんな風に、いろんな形で、自分の体を守るために症状という形でみせてくれているのです。

 

 

・汗かくのイヤだ

・動くのきらい

・寝ている時間がもったいない

・甘いもの、だ~い好き

・スマホ、やめられない

 

これまた、いろんな理由を付けて、からだを労わることを忘れてしまう、ぼく達がいます(笑)

 

・風邪ひいた

・のどが痛い

・頭が痛い

・鼻がつらい

・腰が痛い

・膝が痛い

・・・・・・・・。

 

なんでもかんでも、薬に頼る習慣が染みついている日本の国の人たち

 

ドラッグストアが、街にあふれて収益を上げているのも頷けますよね。

 

 

製薬メーカーにとってのドル箱とかした日本人

そろそろ、自分の体に眠る本当の力に気がつき、本来の自分の体に生きていきたい思うのは、
ぼくだけでしょうか。

政治問題は、一朝一夕では変わりませんが、

ひとりひとりの意識で、社会は変化していくことはまちがいない。

薬飲んで、その場しのぎをする。

これは健康のみならず、実はすべての問題に共通する問題点なのかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございます(^-^)

坐骨神経痛とさまざまな腰痛

6月に入ってから、腰痛の方がまた多くなってきました。

腰痛の診断名(病名)には、本当にたくさんの種類があります。

整形外科等の病院でお医者さんに言われる腰痛症をざっと挙げてみます。

①腰痛症

②急性腰痛症(ギックリ腰)

③腰椎椎間板ヘルニア

④腰椎分離症・分離すべり症

⑤変形性腰椎症

⑥腰部脊柱管狭窄症

⑦骨粗しょう症

⑧打撲、外傷

⑨多手術腰痛

⑩脊椎変性すべり症

⑪腰椎椎間関節症

⑫腰椎椎間板症

⑬不安定腰椎

⑭変性側弯症

⑮その他の病気が絡む腰痛

 

特異性腰痛(原因が明確なもの)と非特異性腰痛(原因がよく分からないもの)といった分類の仕方もあります。

海岸から大分後れを取りましたが、日本でも2012年に大きなガイドラインの見直しがあり、
85%の腰痛が原因不明であると云われ、メディアでも大きく取り上げられ、話題となりました。

また、よく病院で言われるヘルニア等の骨格以上と腰痛の関連性についても、
多くのデータにより、実は立証することが出来ないとも言われています。

ヘルニア等の関連手術を受けた方と、手術受けずに保存療法に努めた方

術後の長期データで、差が無い事が明らかにされている事実もあります。

病院での検査は、隠れた内科的疾患等の発見にもつながるので、調べることも大切なことです。

ただ、原因不明が85%以上と言われているにもかかわらず、緊急性のない状態で
多くの手術が行われてしまっていることには疑問を感じざるを得ません。

先ほど、上げた病名からくる症状で代表的なものが、坐骨神経痛です。

腰痛に加え、お尻から足先までのラインに強い痛みやしびれを伴ったりする症状です。

慢性症状になっている方も多く、当院にもよく見えられる症状です。

短期間で劇的に改善する方もいらっしゃれば、数ヶ月かけて一歩ずつ快方へ向かわれる方もいられます。

反り腰タイプと猫背タイプでも、施術方法やセルフケアの仕方が全く異なる場合も多いので、
画一的な診断と治療ではらちが明かない場合が多いようです。

 

ひとまず、自分で意識的に心がけていただきたいのは、

1.体を冷やさない

2.疲労をためすぎない

3.同じ姿勢を長くとらない

4.中腰やしゃがむような半端な姿勢を取る際は、気を付ける

5.食べ過ぎない

 

このあたりに気を遣って生活してみると、体の回復の大きな助けになるはずです。

 

過去に約3年間、坐骨神経痛に苦しんだ経験をもっておりますので、
坐骨神経痛特有の苦しみはよくわかります。

ご参考になるようなことを少しずつ、解説していけるように努めてまいります。

当院では、手術をした方が良いのではないかと勧められて肩であっても、
お身体の特長に合わせたオーダーメイドの整体で、回避された方もいらっしゃいます。

長い症状だからとあきらめずにいらして頂ければ幸いです。

 

お読みいただき、ありがとうございます(^-^)

 

 

人ありき

先々週末にディズニーランド、今週末に東京サマーランドと家族を連れて出かけてきました。

少々疲労しましたが、楽しかったです(^-^)

どちらもスタッフの皆さんが感じが良くて、やはりサービス業はスタッフの対応次第だな、と感じました。
アトラクションも、料理も、店員さんの対応次第で全く違った楽しさ、美味しさに感じられますものね。

それにしても、遊園地で館内の様子やアトラクションを見るたびに、人間が創る想像の世界の現実化には感心させられます。

意図し、想像したことが起こる、現実化する。

これは、引き寄せの法則を表した言葉ですが、実際にはもうひとひねりありまして、正確には、

意図し、焦点を当てた時の波動が、現実化する。

詳細はエイブラハム関連本をお読みいただくとして、簡単に書きますと、意図した、想像した時の気分が大切。さらにその持続性も関連しているというわけです。

起きていることへの焦点の当て方は無限大。

よく芸能人の不倫を取り上げるニュースが飛び交っていますが、誤解を恐れず言うならば、犯罪ではなく、当事者同時の問題であるのだから、本来、善いも悪いもないのです。

他の誰も評価をしないことでも、自身がワクワクすればいいのではないかと思います。

コンマリさんは片づけに魔法をかけて、ときめくわけです。
ワクワクを追いかけて、ステキな魔法を見つけてしまったわけです。

引き寄せの法則と、自分が携わる操体法には、驚くほどの共通項があります。
どちらも自然法則なので、当然なのですが。

整体に限らず、自然法則にさかわらずに生きることが、いっそう大切になってくる世の中ではないかと思います。

いつも、楽しい気持ちで過ごし続けることは、正直むずかしいです。

だからこそ、いつも、少しでもマシないい気分を追いかけてみたいと感じています。

個人的には、そんなクライアントさんや仲間と出会える日々に感謝です。

そして、妻とふたりの娘にも感謝(^^)

お読みいただき、ありがとうございます。

整体で心地良さの追求

整体で心地良さを追求すると、良いことが起こるというお話。

通常、ヨガやストレッチ、身近であるラジオ体操でも、左右を均等に行います。

そして、少しやりにくい、伸びにくい、しんどい方の回数を増やす、
あるいは、
負荷を多く掛ける。

こうしたことが一般的ですが、これに囚われない考えがあります。

筋肉が一番緩む位置を見つけ、そこで90秒間静止し、そのポーズのママ待つ。
カウンターストレインという療法があります。

私の院で行っている操体法という整体術もその方法論に近いのですが、
操体法では、動き流れで心地良さを追求していきます。

このところ、腰痛の方のご来院がふえ、出来れば最短で良い状態になっていただきたいので、
その方に合った手法、テクニックで対応をしていくのですが、一筋縄でいかないこともあります。

筋肉の固着が極端に慢性化した方や、お薬を常用している方以外であれば、
この操体法は抜群の威力を発揮します。

昨日今日の話でも、慢性腰痛でいらした30代の男性や、
腰痛、ひざ痛、肩こりの慢性症状で悩まれていて、もう何件もの治療院をハシゴされてきた
70代の女性。

こうした方々も、わずか1~2回ほどの施術でご本人が驚くほどの改善を見せてくださいます。

共通するのは、お薬や湿布といった鎮痛を好まず、自力で治したい方ばかりです。

ちょっと辛口になりますが、この国の医療は半ば病んでいる気がします。
とても強い薬をお医者さんが日常的に出してしまうからです。

余りにお菓子な状況に心痛めた薬剤師さんが、薬は飲むなといった本を出版されて、
ベストセラーにもなりました。
こういってはなんですが、そうした本が衝撃的に取り上げられて、ベストセラーになる社会が異常だとも言えます。

過去に、このブログでも何度も取り上げましたし、多次元操体法仲間の鍼灸の先生も同様に書かれていますが、

もう一度書いておきます。
基本的に、お薬は、カラダにとっては負担なだけである。

もっと、辛口に書かれる方の言い方であれば、

すべての薬は毒である

整体術で心地良さを追求すると、結果として真の治癒がはじまります。

治療ではなく、文字通り整体

自分で自分の体を整えて、勝手に治っていく世界に入ります。

その心地良さを思い出す余地がなくなり、自己治癒力の発動をブロックするのが、鎮痛薬をはじめとする多くの薬だと思います。

覚せい剤の恐ろしさは誰でも認識なさっていると思います。

お薬大国である日本に生きる我々も、身近なお薬の威力と怖さと向き合う時期に来ているのではないでしょうか。

ちょっと重い話題になってしまいました(^^;)

 

話は戻りますが、操体法をはじめ、心地よさを追求する整体は、お身体に余計なことをしないので、脳も安心してくれます。
脳が安心すると身体全体もゆるみはじめます。
もちろん、脳もカラダの一部ですので、さらに、頭もリラックスしてきて・・・と、好循環が始まれば、バッチリです(^^)
梅雨ですが、晴れの日もあり、気圧の変化も激しいので、皆様もご自愛くださいませ。

 

カウンセリング整体

ウチの整体に、別段、カウンセリングメニューがあるわけではありません。

それでも少なからずクライアントさんのみなさんから、

「先生には、何でも話せる」

と、仰っていただけます。

とても、嬉しいお言葉です(^-^)

 

あなたには、何でも話せる馴染みの人はいますか?

私のクライアントさんは、みなさん気軽に色々な相談をしてくれます。
そういう場所があるのは、健康管理のみならず、生活をする上でとても大切なことのように思います。

 

先日招かれたセラピスト向けの講義の中でもお話をさせていただいたのですが、対話だけをするカウンセラーの先生方よりもアドバンテージを感じることがあります。
それは、我々セラピストは実際にお体にふれるというコミュニケーションをしながら、お話も出来ることです。

 

これは、とても大きなことです。

 

 

お子さんとのコミュニケーション等で悩まれている方は、お子さんを怒鳴る前に、ぜひ、手を握ったりして目を見て話してあげてみてください。
身体からつながろうとすることは、心を通わせる大きな助けになるはずです。

 

ちょっと話がそれましたね。

整体でカウンセラーを目指すぞ♪・・・と、簡単ではないな。

という〆で失礼いたします(笑)。

誹謗中傷 ≠ 真摯な批評

自分が感じること、思うことは、自分自身にしか本当のところは認識できない。

人は皆、自分だけの宇宙に生きている。

量子力学的な考えではそういうことらしいです。
もちろん、天才や秀才が考えている、むずかしい理論はよくわかりませんが、簡単に解釈すれば最先端の理論はそういうことらしい。

仏教だったり、哲学で言うところの、自我。
この自我が無ければ、それぞれが個体である意味もないわけです。
(まあ、すべてのことに意味がないもかもという考えは置いておき)

これまた、簡単に言ってしまえば、自我とは好みがある、ということです。

好みがあるということは、好き嫌いを持つので、批評が起こる。

自我が評価をする。
カッコつけて言っても、個人的な好みが最優先に来る感じです。

つまり、完璧に客観的な批評なんてありえない。

相手のことも思いやったうえで、
ちょっと違うんでないかい?
こうした意見もあるけど、どうなん?

批評

自分の考えや価値観を一方的に押し付ける
あるいは、
自分の満たされない日常の穴埋めのために、相手を巻き込む

誹謗中傷

自分はシンプルにこんな風にとらえています。

一つ言えることは、相手が嫌がることはしない。
誤ってしてしまった場合は、詫びる。

これは、幼稚園で習う基本ルールですね。

あっ、以前にアメブロでペタをしただけで、俺様は男からペタやいいねをされるのは我慢ならねえんだ、バカヤローと・・・いや、やめよう、この話題は、書くのもむなしいので。。。(苦笑)
ちょっと、おかしな人も居るので、変に詫びずに立ち去ることも大切ですね。気を付けましょう。

様々な考えがあるので、みんながそれぞれの宇宙を持っているのだというベースを認識しながら、より良い世界でいられることを願う毎日です。

最後は、かっこ良く、大きな話でまとめてみました(^^♪

リラクゼーションサロン

今日は国道246号線沿いにある大型リラクゼーションサロン店の『手もみ総本店 愛甲石田店

』さんのオーナーさんとのご縁で、店長さんの招聘により、整体の講義をさせていただきました。

朝一のご予約のクライアントさんに、一時間早めて来ていただく予定でしたが、いつも早めに来てく
ださるクライアントさんの勘違い&道路事情で、施術の開始が遅れてしまいました。

早めに到着して、心を落ち着けてスタートと思いっていたのに、スタートからご迷惑をおかけしてしまいました(^^;)

その後、お招きいただいた講義の場に10分ほど遅れてしまいましたが、事前連絡を入れていたので、オーナーの西岡さんが、お集りのスタッフの皆さんに、私の紹介をして場をつないでくださっていました。
西岡さんは、お若いながら多くのスタッフを束ねる経営者。どんな場面でも臨機応変に対応されて、流石です(^-^)

今回のスタッフさんへの講義のきっかけは、オーナーが私の整体を面白がってくださったのがきっかけで、店長さんが、ぜひにとおっしゃってくれて実現しました。

店長さんのお話によると、リラクゼーションという癒しが目的のはずのお店にも、割合重い症状をもった方の来院の数が増えているそうです。
そうした方に少しでもお役に立ちたい。リラクゼーションの提供の中でもできることはないだろうか?

こうした真心こもった気持ちをもつ、スタッフさんが多く、また、オーナーさんが基本を守れば、柔軟な施術スタイルもOKという自由な発想のお店の雰囲気もあり、整体についても学んでみたいということでした。

その場にいるだけで落ち着けるような照明や広々とした空間がひろがる、みごとな癒しの場で、お店のスタッフさんを相手に講義はスタート。

私自身は、リラクゼーションの世界は、ほとんど知らず、施術を受けた経験も数えるほど。
なので、先日事前にスタッフさんのお一人から、施術を受けさせていただきました

その体験をもとに、果たして、リラクゼーションサロンのスタッフさんのお役に立てる講義が、どうしたら出来るのかを考えていました

そう思いつつも、本番当日は、ほぼアドリブで自分の整体観をお伝えしていきました。

座学で一時間ほど、お話をさせていただき、その後、実技へ

骨盤矯正や操体法、ヒーリングなど、今まで多くの先生方に教えていただいてきた手技を自分なりにデモでお見せしました。

そのまま、お伝えできるものは一緒にやってみてもらいました。

今日、お伝えしたかったことは、カラダは強く押したり、もんだりしなくても、十分に変化が起こせるということでした。


そのことをイメージしながらであれば、リラクゼーション的なアプローチで行う場合も、少ない刺激で、クライアントさんには大きな反応が起こることを知っていただけたようです。

今回、講義を希望してくださった店長さんは、勉強熱心で、整体のセミナー等にも参加されてきたそうですが、治療家の中には、リラクゼーションセラピストをあからさまにバカにする人も居たそうです。

スタッフの皆さんとお話しして感じたことは、癒しも整体も治療も、人を元気にしたいという思いは一緒なのだということでした。

人を元気にしたいと思っていて働かれている人は、広い意味でみんなセラピストなのかもしれない。


肩をもまなくても、肩がゆるゆるになり、動きが良くなることに驚いているスタッフの皆さん

そのお一人お一人のお顔が、少年少女のように瞳をキラキラさせていられることが、とても印象的でした。

お店のプライドやしがらみなんぞを全く気にせず、講師として勉強会に招いてくださった、オーナーと店長さんの度量の深さにも感激しました(^-^)

『手もみ総本店 愛甲石田店』のみなさま

どうも、ありがとうございました。

それにしても、お店が広くて、きれいで、お洒落で、良い意味でビックリでした♪

ただただ、楽しかったです。

整体 ~ 全身を見るということ

秦野の東海大学前で整体師をしている石井です。

何気に、平塚からのお客様もふえて、伊勢原の方ももっと来ていただきたいな(笑)と思っています。

今日はひさびさに整体のことを書きたいと思います。
施術家の方は、様々なタイプの方がいらっしゃっいます。

ひとつの流派を長きにわたって研鑽され、その道を極めていく方
こだわりなく様々なものを学び、組み合わせたり、自分流に変換して高めていく方

前者にカッコいいなと憧れつつ、自分の場合は後者のスタイルです。
いくつものセミナーや講習会を訪ね歩き、必要だと感じたものを取り入れつつ、ひとつのスタイルにこだわった施術はしておりません。

そのような考えに至ったきっかけは、はじめのころに教わった、ある流派の施術にこだわり良い効果が得られる時と、全く効果が出ない時があった時です。
同じような症状で、それほど重症の状態ではないのに、結果に大きく個人差が出ることがありました。

試しに他の流派で習ったことのある手法を行ってみたところ、あっけなくクライアントさんが回復された経験をしました。

もちろん、基本の反復により技術は高まり、同じ手法を用いていても、効果が全く異なっていくことと思います。なので、ひとつの流儀を大切にして、職人芸的に技を磨くことも大事なことだと思います。

ただ、視野を限定して、自分自身のこだわりにクライアントさんの方を当てはめようとしていたことにも、大いに反省させられる出来事でした。

 

整体を考える。


つまり、人の体が整うことについて考えた時、ひとつ大事な視点があるように思います。

 

それは、高度な手技療法(整体の技)を用いなくとも、原因になっている場所が把握できて、そこへアプローチできれば、手技をしらない一般の方でも効果は出せるということです。

症状が重い方には初期段階では、出来る限り集中してきてもらうこともありますが、それでも、施術時間は日常の中のほんの一瞬。
なので、施術で出来ることは、その方自身のが治る体と心の環境づくりのきっかけに過ぎません。

ご自身で出来ることは、どんどんお伝えして、早く良くなっていただきたいと考えています。

話がそれましたが、特定のキーポイントとなる部位へのアプローチを大切にはしつつ、カラダ全体を見つめる視点は忘れず、いつも俯瞰して見つめていきたい。

そんな風に感じている今日この頃でした。

もしかしたら、人生もそんな感じで見ていくと、前に進むヒントが見えてきそうですね(^-^)

お読みいただき、ありがとうございます。

 

健康情報

「???」
 
facebookのつながりのお蔭でたくさんの出会いがあります。
 
様々なイベント情報も送られてきます。
参加して良かったものばかりでありがたい限り。
 
なので、基本的にはなんでもあり
自分の好みでなければ、ケチをつけないでスルー
 
基本的には、自分の場合、そんなスタンスでおります。
 
何かやろうとしている方は、何かの思いがあってやっていると感じるからです。
 
ただ、たまたま先ほどfacebookで目にしたイベントのご案内は、
スルー出来ませんでした。
 
健康・整体関連のご案内で、長文です。
 
内容の大部分が興味深いもので、日程が合えば
自分も出たいと思うほど。
 
なのですが・・・
 
読み進めてみると、その中に以下のような文があり、
スルー出来ません
 
聞き捨てならないからです。
 
 
・・肩凝り・腰痛から鬱病・各種ガン・アルツハイマーなどまであらゆる病氣に対応しており・・・
 
 
・・・現代日本人の99%が噛み合わせが合っておらず・・・、
 
??
 
・・・各種ガン・鬱病・糖尿病・不妊症・各種アレルギー・自己免疫疾患系・婦人科系など、あらゆる疾病に対応致します・・・
 
???
 
私もお客様商売なので、キャッチコピーの大切さはわかります。
ご興味を頂かないとお手伝いも出来ないので、60日で腰痛が改善なんて書いていたりします。
ただ、これも小さな整体院の限られた中でのケースや割合のこと。みんなが必ずその期間で良くなるわけではないよと、症状によりますよ、と但し書きも記載します。
 
但し書きなしで99%・・・?の表現もキャッチだと思いますが、

根拠を示さず、

 

各種ガンに対応と二度も繰り返す・・・これはいただけない。
 
ここ数年、知り合いのご家族の方で、癌で早世された方が、
少なからずいられます。
 
ご本人やそのご家族はすがるような思いでいられます。
 
ガンに対応とあれば、わが子のために、出来うる限りのお金も使って、日本中を飛び回っていた女性もいられました。
 
ただ、ほとんどの場合、効果が出ないケースです。
 
ごく一部ですが、成果をあげれている優れた療法もあると見聞しております。なので、効果が期待できるものもあり得ます。
ただ、他の疾病と違い、やはり未だにガンの回復は簡単ではないことはまちがいありません。
 
亡くなられた後も、そのご家族は精いっぱいのことをしたのに、
 
あの時、あの療法が無駄ではなかったのか?
もっと、他のことをしてあげられなかったのか?
 
そんなふうに、ご自身を責められます。
 

なので、命に関わるものに、キャッチはいらない

こと、癌に関しては、改善方法論をお持ちで実践できる方が、表明されるべきです。

 
あたかも他の症状と同様に改善できるかのような表現で、軽々しく、
 

各種ガンに対応など・・・とか書かないでいただきたい!

 

PS
 
このイベントの方が、各種ガンへ対応できるか否かは存じません。
 
拝読して、個人的感想を述べました。
 
難病に本当に対応できるのであれば、そのようにお伝えするべきではないかと感じております。