股関節痛の痛みは、股関節にあらず

ここ最近、少し忙しくなりまして、ブログを書くのをさぼっていました。
色々、試していましたが、文体はですます調でいこうかな、と。
色々試したのは、自分なり、独りよがりの深い意味があるのです(笑)

今日のお題「股関節痛に、本当に手術は必要か?」

以前にも書きましたが、股関節の痛みに悩まれている女性の来院が増えているので、再び、このことについて書きます。

病院では大体、骨盤と股関節の関連が不具合、特に骨、関節に着目されます。
症状が重いと、主に臼蓋形成不全、変形性股関節症、といった症状名で診断を受けます。

そして、ほとんどの治療院、整体院、カイロ、マッサージでは対応が難しくなり、整形外科へ行くと、最終的に手術をすすめれるケースが多いようです。

当院では、「腸腰筋」へのアプローチを主体として、股関節痛へ対応しています。

正直、頭から足先までの骨格矯正や骨盤矯正を行って改善は見られますが、手術をすすめられるレベルの場合、腸腰筋にアプローチしないことには、大きな改善には導けないと考えています。

 

股関節痛でツラい症状の方が、手術という、肉体的、経済的、精神的負担の大きいリスクの高い選択をするのは、得策ではないと思っています。

手術をして幸いうまくいくケースであれば、まだ、良いのですが、うまくいっても数年後に再度、痛みが戻り、再手術をするケースも稀ではありません。

股関節痛で悩んだら、一度、いらして頂きたいと思います。

少なくとも、地元地域である、秦野、平塚、伊勢原の股関節痛の方の手術を回避させ、良い状態へ回復することが、ひとつの私の使命であると考え、日々、施術にあたっています。

痛み止めや、その場しのぎのマッサージ、取り返しのつかない手術で身体に負担をかけることなく、しっかり改善に取り組むことが必要です。
ご自身の習慣改善や無理のないセルフケアも必須です。

すべての不調は、心身の調和の乱れ

今日は、オチはなく、真面目な話題で終わります(笑)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です