なみだ

今、月に2回ほどのペースで来院してくださっている女性のクライアントさんがいます。
慢性腰痛がきっかけでいらしてくださるようになり、時折、両ひざや肘の痛みもうったえられる。

腰痛の場合、多くの場合、腸腰筋というカラダの中心部をつかさどる筋肉が関連していて、
ここがゆるまり、血流が良くなって自己治癒力が高まれば、良くなっていきます。
ここだけで解消できずとも、何らかの大きな変化は現れてきます。

この女性はしばらく来ていただき全体のバランス調整や腸腰筋をゆるめる施術をしましたが、
次にいらしてくださる時には、痛みは元に戻った状態になります。

ご自身もお話ししてくださるのですが、日常で様々な問題を抱えながら、
持ち前のマジメさもあり、イヤイヤでもやりたくないことを無理やりこなしていく場面が多い。

体と心は完全に一対のもので、例えば、映画「地球交響曲」に出演した
ラインホルト・メスナーの言い方であれば、これに魂が加わって、三位一体。
カラダだけ見ていても、解決できないことはたくさんあります。

今日は、施術ベッドではなく、お互い座ったまま、ずっとお話をさせていただきました。

彼女はイライラすることが多い、と言います。
お話をうかがうと無理もないのです。

何の落ち度もない彼女には、いろいろな出来事がやってくるのです。
無理をして、それをこなし続けるので、心身が不調和の状態になっていました。

そのツラい状態は、自分が我慢すればいいのだと思い、何とかやり過ごそうとするのですが、
カラダはメッセージとして正直に、本当はそんなことしなくて良いと伝えてくれているのです。

いらしたときに少し淀んで怒気を含むような彼女のまとった空間が見えました。

ご両親が地元でご商売をされていたので、ずっと自分はいい子でいなければならなかった。
ご近所さんから、あの娘はと後ろ指をさされるようなことをすれば、両親に迷惑がかかる。
そんな風に思ってきたそうです。

今も、自分が我慢すれば、何とかなる。
やさしい彼女は、無意識にそう考えて行動しているようでした。

何らかの体験をするために、私たちは生まれてきているのだと思います。
その人だけが味わう唯一無二の体験をするためにです。

~をしなければならない
それは、それはすべて思い込みでもあります。
何を選択して、どのような生きていくのか。

すべて自分で決めて、選択し、行動に移すことが出来ます。
突然たくさんのことを一度にはできませんが、少しずつ変えていくことはできます。

起きていることはすべて正しい。
もし、あの時、こうしていれば・・・その、もし、あの時を振り返ってもその瞬間は帰ってこないのです。

だから、起きていることはすべて受け入れるしか選択肢はなく、
その出来事から、どう行動に移るかだけに意識を向けると必ず日常が変化する。

そのようなお話をさせていただいている間に、たくさん涙を流されました。
その後、見せてくれたすてきな笑顔。

明らかに雰囲気が変わり、彼女の周囲の空気が変わりました。

もともと、とても綺麗な瞳ををした人です。
自分を大切にすることに気づきはじめた彼女の今後にワクワクしてきました。

出会いとご縁に感謝

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です