カウンセリング整体

ウチの整体に、別段、カウンセリングメニューがあるわけではありません。

それでも少なからずクライアントさんのみなさんから、

「先生には、何でも話せる」

と、仰っていただけます。

とても、嬉しいお言葉です(^-^)

 

あなたには、何でも話せる馴染みの人はいますか?

私のクライアントさんは、みなさん気軽に色々な相談をしてくれます。
そういう場所があるのは、健康管理のみならず、生活をする上でとても大切なことのように思います。

 

先日招かれたセラピスト向けの講義の中でもお話をさせていただいたのですが、対話だけをするカウンセラーの先生方よりもアドバンテージを感じることがあります。
それは、我々セラピストは実際にお体にふれるというコミュニケーションをしながら、お話も出来ることです。

 

これは、とても大きなことです。

 

 

お子さんとのコミュニケーション等で悩まれている方は、お子さんを怒鳴る前に、ぜひ、手を握ったりして目を見て話してあげてみてください。
身体からつながろうとすることは、心を通わせる大きな助けになるはずです。

 

ちょっと話がそれましたね。

整体でカウンセラーを目指すぞ♪・・・と、簡単ではないな。

という〆で失礼いたします(笑)。

誹謗中傷 ≠ 真摯な批評

自分が感じること、思うことは、自分自身にしか本当のところは認識できない。

人は皆、自分だけの宇宙に生きている。

量子力学的な考えではそういうことらしいです。
もちろん、天才や秀才が考えている、むずかしい理論はよくわかりませんが、簡単に解釈すれば最先端の理論はそういうことらしい。

仏教だったり、哲学で言うところの、自我。
この自我が無ければ、それぞれが個体である意味もないわけです。
(まあ、すべてのことに意味がないもかもという考えは置いておき)

これまた、簡単に言ってしまえば、自我とは好みがある、ということです。

好みがあるということは、好き嫌いを持つので、批評が起こる。

自我が評価をする。
カッコつけて言っても、個人的な好みが最優先に来る感じです。

つまり、完璧に客観的な批評なんてありえない。

相手のことも思いやったうえで、
ちょっと違うんでないかい?
こうした意見もあるけど、どうなん?

批評

自分の考えや価値観を一方的に押し付ける
あるいは、
自分の満たされない日常の穴埋めのために、相手を巻き込む

誹謗中傷

自分はシンプルにこんな風にとらえています。

一つ言えることは、相手が嫌がることはしない。
誤ってしてしまった場合は、詫びる。

これは、幼稚園で習う基本ルールですね。

あっ、以前にアメブロでペタをしただけで、俺様は男からペタやいいねをされるのは我慢ならねえんだ、バカヤローと・・・いや、やめよう、この話題は、書くのもむなしいので。。。(苦笑)
ちょっと、おかしな人も居るので、変に詫びずに立ち去ることも大切ですね。気を付けましょう。

様々な考えがあるので、みんながそれぞれの宇宙を持っているのだというベースを認識しながら、より良い世界でいられることを願う毎日です。

最後は、かっこ良く、大きな話でまとめてみました(^^♪

リラクゼーションサロン

今日は国道246号線沿いにある大型リラクゼーションサロン店の『手もみ総本店 愛甲石田店

』さんのオーナーさんとのご縁で、店長さんの招聘により、整体の講義をさせていただきました。

朝一のご予約のクライアントさんに、一時間早めて来ていただく予定でしたが、いつも早めに来てく
ださるクライアントさんの勘違い&道路事情で、施術の開始が遅れてしまいました。

早めに到着して、心を落ち着けてスタートと思いっていたのに、スタートからご迷惑をおかけしてしまいました(^^;)

その後、お招きいただいた講義の場に10分ほど遅れてしまいましたが、事前連絡を入れていたので、オーナーの西岡さんが、お集りのスタッフの皆さんに、私の紹介をして場をつないでくださっていました。
西岡さんは、お若いながら多くのスタッフを束ねる経営者。どんな場面でも臨機応変に対応されて、流石です(^-^)

今回のスタッフさんへの講義のきっかけは、オーナーが私の整体を面白がってくださったのがきっかけで、店長さんが、ぜひにとおっしゃってくれて実現しました。

店長さんのお話によると、リラクゼーションという癒しが目的のはずのお店にも、割合重い症状をもった方の来院の数が増えているそうです。
そうした方に少しでもお役に立ちたい。リラクゼーションの提供の中でもできることはないだろうか?

こうした真心こもった気持ちをもつ、スタッフさんが多く、また、オーナーさんが基本を守れば、柔軟な施術スタイルもOKという自由な発想のお店の雰囲気もあり、整体についても学んでみたいということでした。

その場にいるだけで落ち着けるような照明や広々とした空間がひろがる、みごとな癒しの場で、お店のスタッフさんを相手に講義はスタート。

私自身は、リラクゼーションの世界は、ほとんど知らず、施術を受けた経験も数えるほど。
なので、先日事前にスタッフさんのお一人から、施術を受けさせていただきました

その体験をもとに、果たして、リラクゼーションサロンのスタッフさんのお役に立てる講義が、どうしたら出来るのかを考えていました

そう思いつつも、本番当日は、ほぼアドリブで自分の整体観をお伝えしていきました。

座学で一時間ほど、お話をさせていただき、その後、実技へ

骨盤矯正や操体法、ヒーリングなど、今まで多くの先生方に教えていただいてきた手技を自分なりにデモでお見せしました。

そのまま、お伝えできるものは一緒にやってみてもらいました。

今日、お伝えしたかったことは、カラダは強く押したり、もんだりしなくても、十分に変化が起こせるということでした。


そのことをイメージしながらであれば、リラクゼーション的なアプローチで行う場合も、少ない刺激で、クライアントさんには大きな反応が起こることを知っていただけたようです。

今回、講義を希望してくださった店長さんは、勉強熱心で、整体のセミナー等にも参加されてきたそうですが、治療家の中には、リラクゼーションセラピストをあからさまにバカにする人も居たそうです。

スタッフの皆さんとお話しして感じたことは、癒しも整体も治療も、人を元気にしたいという思いは一緒なのだということでした。

人を元気にしたいと思っていて働かれている人は、広い意味でみんなセラピストなのかもしれない。


肩をもまなくても、肩がゆるゆるになり、動きが良くなることに驚いているスタッフの皆さん

そのお一人お一人のお顔が、少年少女のように瞳をキラキラさせていられることが、とても印象的でした。

お店のプライドやしがらみなんぞを全く気にせず、講師として勉強会に招いてくださった、オーナーと店長さんの度量の深さにも感激しました(^-^)

『手もみ総本店 愛甲石田店』のみなさま

どうも、ありがとうございました。

それにしても、お店が広くて、きれいで、お洒落で、良い意味でビックリでした♪

ただただ、楽しかったです。

整体 ~ 全身を見るということ

秦野の東海大学前で整体師をしている石井です。

何気に、平塚からのお客様もふえて、伊勢原の方ももっと来ていただきたいな(笑)と思っています。

今日はひさびさに整体のことを書きたいと思います。
施術家の方は、様々なタイプの方がいらっしゃっいます。

ひとつの流派を長きにわたって研鑽され、その道を極めていく方
こだわりなく様々なものを学び、組み合わせたり、自分流に変換して高めていく方

前者にカッコいいなと憧れつつ、自分の場合は後者のスタイルです。
いくつものセミナーや講習会を訪ね歩き、必要だと感じたものを取り入れつつ、ひとつのスタイルにこだわった施術はしておりません。

そのような考えに至ったきっかけは、はじめのころに教わった、ある流派の施術にこだわり良い効果が得られる時と、全く効果が出ない時があった時です。
同じような症状で、それほど重症の状態ではないのに、結果に大きく個人差が出ることがありました。

試しに他の流派で習ったことのある手法を行ってみたところ、あっけなくクライアントさんが回復された経験をしました。

もちろん、基本の反復により技術は高まり、同じ手法を用いていても、効果が全く異なっていくことと思います。なので、ひとつの流儀を大切にして、職人芸的に技を磨くことも大事なことだと思います。

ただ、視野を限定して、自分自身のこだわりにクライアントさんの方を当てはめようとしていたことにも、大いに反省させられる出来事でした。

 

整体を考える。


つまり、人の体が整うことについて考えた時、ひとつ大事な視点があるように思います。

 

それは、高度な手技療法(整体の技)を用いなくとも、原因になっている場所が把握できて、そこへアプローチできれば、手技をしらない一般の方でも効果は出せるということです。

症状が重い方には初期段階では、出来る限り集中してきてもらうこともありますが、それでも、施術時間は日常の中のほんの一瞬。
なので、施術で出来ることは、その方自身のが治る体と心の環境づくりのきっかけに過ぎません。

ご自身で出来ることは、どんどんお伝えして、早く良くなっていただきたいと考えています。

話がそれましたが、特定のキーポイントとなる部位へのアプローチを大切にはしつつ、カラダ全体を見つめる視点は忘れず、いつも俯瞰して見つめていきたい。

そんな風に感じている今日この頃でした。

もしかしたら、人生もそんな感じで見ていくと、前に進むヒントが見えてきそうですね(^-^)

お読みいただき、ありがとうございます。

 

健康情報

「???」
 
facebookのつながりのお蔭でたくさんの出会いがあります。
 
様々なイベント情報も送られてきます。
参加して良かったものばかりでありがたい限り。
 
なので、基本的にはなんでもあり
自分の好みでなければ、ケチをつけないでスルー
 
基本的には、自分の場合、そんなスタンスでおります。
 
何かやろうとしている方は、何かの思いがあってやっていると感じるからです。
 
ただ、たまたま先ほどfacebookで目にしたイベントのご案内は、
スルー出来ませんでした。
 
健康・整体関連のご案内で、長文です。
 
内容の大部分が興味深いもので、日程が合えば
自分も出たいと思うほど。
 
なのですが・・・
 
読み進めてみると、その中に以下のような文があり、
スルー出来ません
 
聞き捨てならないからです。
 
 
・・肩凝り・腰痛から鬱病・各種ガン・アルツハイマーなどまであらゆる病氣に対応しており・・・
 
 
・・・現代日本人の99%が噛み合わせが合っておらず・・・、
 
??
 
・・・各種ガン・鬱病・糖尿病・不妊症・各種アレルギー・自己免疫疾患系・婦人科系など、あらゆる疾病に対応致します・・・
 
???
 
私もお客様商売なので、キャッチコピーの大切さはわかります。
ご興味を頂かないとお手伝いも出来ないので、60日で腰痛が改善なんて書いていたりします。
ただ、これも小さな整体院の限られた中でのケースや割合のこと。みんなが必ずその期間で良くなるわけではないよと、症状によりますよ、と但し書きも記載します。
 
但し書きなしで99%・・・?の表現もキャッチだと思いますが、

根拠を示さず、

 

各種ガンに対応と二度も繰り返す・・・これはいただけない。
 
ここ数年、知り合いのご家族の方で、癌で早世された方が、
少なからずいられます。
 
ご本人やそのご家族はすがるような思いでいられます。
 
ガンに対応とあれば、わが子のために、出来うる限りのお金も使って、日本中を飛び回っていた女性もいられました。
 
ただ、ほとんどの場合、効果が出ないケースです。
 
ごく一部ですが、成果をあげれている優れた療法もあると見聞しております。なので、効果が期待できるものもあり得ます。
ただ、他の疾病と違い、やはり未だにガンの回復は簡単ではないことはまちがいありません。
 
亡くなられた後も、そのご家族は精いっぱいのことをしたのに、
 
あの時、あの療法が無駄ではなかったのか?
もっと、他のことをしてあげられなかったのか?
 
そんなふうに、ご自身を責められます。
 

なので、命に関わるものに、キャッチはいらない

こと、癌に関しては、改善方法論をお持ちで実践できる方が、表明されるべきです。

 
あたかも他の症状と同様に改善できるかのような表現で、軽々しく、
 

各種ガンに対応など・・・とか書かないでいただきたい!

 

PS
 
このイベントの方が、各種ガンへ対応できるか否かは存じません。
 
拝読して、個人的感想を述べました。
 
難病に本当に対応できるのであれば、そのようにお伝えするべきではないかと感じております。

病院 治療院 整体院 ~秦野の小さな整体院の考え~

ブログをのぞいてくださり、ありがとうございます。

今日は、お知り合いで、福島の凄腕整骨院院長のブログを拝見して、文体をまねて自分なりの文章で書いてみます。T先生、失礼いたします(笑)。

次回予告した鶴田先生のことはまとめきれず、いったん保留となりました(^^;)

今日は別のお話を。

病院 治療院 整体院
何が違うのか

病院はわかるけど、治療院も整体院も一緒では?

色々な見方があるかと思いますが、自分の考えを書きますと、ちがうのです。
治すと治るの違いとでも言いましょうか。

治療家が治してあげましょう・・・これは、治療
体を整えるお手伝いをしてますよ・・・整体

こんな風に思っております。

どちらがすぐれているとかは、どうでもいいんです。
スタンスの違いだから。

来てくださるお客さんが選べばいいことですし。

もちろん、整体をうたう当院も、一日でも早く症状が改善してくださるといいなと思って、みさせてもらっています。

それでも気がついたことがありまして。

症状が取れても、無理強いしなくても、自発的にメンテナンスに来てくださる方が、少なからずいらっしゃる、ということに。

これは、
日常生活で小さな不調を感じ取る、
または、生活の違和感を見直す
といったことが、大切ですよ・・・と、お伝えしていることに
・・・ちょぴっと共感いただけているかな、と。

うちは、後者の立場です。

だから、一方的に治してもらおう、
ではなくて、心身を整えに来ているのだなと。

そんな気持ちでいらして頂けると、実は、治りも早いのです。

整体を実際に受けられる際には、整えにくるつもりで、

「整えたら、結果として痛みがなくなり、姿勢もよくなった、嬉しい♪」

そんな感じで、軽い気持ちでいらしてくださるとありがたい。

もちろん、はじめは痛みや不快な症状があるから来られるのであって、そんな場合じゃあないよ、と思うかもしれませんが、それを百も承知です。

それから、
「マッサージしないのに、手を当ててるだけで、ほんとに治る!?
怪しい!」

「3件以上の病院・治療院巡りで治らない腰痛・股関節痛、ひざ痛が、手術なしで良くなる?!
ウソだ、エラそうだ、試してやる! 」

などと思いながら、疑いの気持ちで来院しないでくださいね(笑)。

はじめから疑ってかかってくる人は、たぶん、良くならない。。。

ちなみに、物質的にどうにもならない、本物の器質的損傷の場合以外であれば、秦野の小さな自宅整体院でも回復の見込みはあります。
ホントですよ。

残念ながらテレビをはじめ、多くのメディアで伝えている健康法は間違いだらけです。。。
病院は薬を処方し痛みを忘れさせて、結果、打つ手がなくなり、手術をする・・・肩や腰や股関節やひざの痛みは薬では治りません。

手術をして、皆さん良くなるならば、自分はこの仕事を辞めています。
そうでない場合が、とても多い。

糖質、添加物、酸化物質だらけの食事を毎日三食摂って、

薬を飲み続け、

湿布を貼り続け、

無理な筋トレをすすめられる。
結果、健康でいることは不可能ではないでしょうか。。。

 

自分らしく、健やかな人生を送りたい

体のバランスを整えることに目を向けてみたい

そんな方は、ぜひ整体を受けにいらっしゃって下さい。
その場しのぎの治療法で終わらないものをお伝えする、
小さな試みをしております。

ここのところ、リウマチや癌、うつ、自律神経失調、といった、世の中的には、症状の重い方、難しい症状と思われる方もおみえになられるようになりました。

心身両面が整い、自分自身と向き合って、初めて体が回復に向かうスタートラインに立てる。

そのきっかけを知りたくて、伺いました。

そんな、ありがたい言葉を頂きます。

症状の重さではなく、ご本人の気づきを見つめていくと、その時にできる精いっぱいが見えてきます。

それは力み、肩ひじを張ったものではなく、深く呼吸が出来る、リラックスした精いっぱい。

ここ秦野、伊勢原、平塚の地元から、あるいは、東京、横浜からおみえになる方々。

自分がお伝えできる精いっぱいの整体を受け取ってくださる方々に、感謝の毎日です。

なべになった鐘 ~東日本大震災の記憶~

先日、神奈川でつるた療法の全国の仲間が集まる研修会があり、友人の堀込先生が、秦野市の我が「秦野てんこい整体院」へ泊まりに来てくださいました。
自宅整体院なので、家に泊まりに来ただけなのですが、(笑)

首都圏とは思えないほど、秦野の何にも山間の住宅地に来られ、ちょっと驚いたことと思います(笑)

堀込さん(ニックネーム・ほりちゃん先生)は、石巻のご実家で「快笑整体院」を主宰されていて、つるた療法と多次元操体法を学びあう同志です。

前回は仙台で初めてお会いして、いつも温かい笑顔で人のことを思いやれる好青年です。年齢は私より、少し若いだけですが、とにかく見た目が若いハンサムな先生です(^-^)
そのお人柄の良さにふれ、仲良くしてくださっています。

彼は、東日本大震災で被災の経験があり、その時の実話をお母さんと一緒に絵本にして、出版されました。

以下、ご本を少し紹介しておきます。
まとめられた、あらすじです。

「なべになった鐘」あらすじ

2011年3月11日、とても大きな地震がおきました。

津波は何もかもをのみこんで、みんなはお寺の裏山に何とか逃げることができました。

雪の降る不安な夜を越すと、辺り一面はがれきだらけ。

その中に、お寺の鐘が残っていました。

「これをなべにして、おかゆを炊いてみんなで食べよう」

お米を探して、湧き水を掘り出して、かまどをつくって・・・

みんなで知恵を出し、ちからを合わせて、助けが来るまでの3日間を乗り越えたのです。

 

宮城県石巻市 長面で本当にあったお話です。

あたたかな絵と文章でつづられており、しんどかった体験をポジティブに表現されていて、ステキな絵本です。

食べるものもなく、救援も間に合わない状況の中、和尚さんの機転で、お寺の鐘を鍋に使って炊き出し。
人にとって、大切なことを思い出させてくれる絵本です。

私もこの絵本を二冊購入させていただき、送っていただきました。
この絵本を通して、復興支援もされているので、興味のある方は下記をご覧になってみてください。

絵本紹介のページ(快笑整体院HPより)
https://holichan.jimdo.com/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD-%E7%B5%B5%E6%9C%AC-%E3%81%AA%E3%81%B9%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E9%90%98/

河北新報での紹介記事
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160927_13021.html

原作者が我が家に来てくださったので、娘たちの目の前で、先生得意の筆文字で、サインをいただきました♪

ほりちゃん先生とウチの娘たち
(サインの下書きで練習する律儀なほりちゃん先生)

 


私も交じって、妻に写真を撮ってもらいました。
(妻ははずかしいので、辞退(笑))

今も自分にできることは何かを模索されていて、人のためになることを考えている、ステキなほりちゃん先生に良い刺激をいただきました。

他人のためになることを考え、少しでも行動しようとする人は、天からも愛されるようです。

また、秦野に来てくださるとのこと、再会が今から楽しみです。

堀込先生のはからいで出会えた、鶴田先生のことを次回は書こうと思います。

ゴールデンウイーク その後

5/3から5/5まで、お休みをいただき、娘たちと出掛け、遊びほうけました(^-^)

昨夜家に帰ってきてから、すっかり増えてしまった白髪頭を自分で黒髪に染めてました。

見ていた娘たちが、

「いきなり、まっ黒だぁ~!」

「おもしろ~い♪」

といって、大笑いしました(^^;)

今日は自分にとっての連休明けで、たくさんお客さんもいらしてくださり、楽しかった♪

遠くからいらしてくださった初めての女性もステキな方で、今日最後のご予約の方だったので、すっかり話し込んでしまいました。

今日もステキなご縁と一日に感謝の土曜日でした(^^♪