happy birthday in CANOPUS  CAFE

今日、9月13日は妻の誕生日

 

自分の誕生日も忘れてしまう人間なので、家族の誕生日も忘れてしまいそうになります。

出来るだけ、憶えていようと心がけていますが、アブナイアブナイ。

クライアントさんの誕生日は結構憶えていたりして、以前に家族から嫉妬されたこともあります(笑)

 

 

妻は、仕事に関しても、遊びや外出に関しても、今まで僕の行動を制限することは、ほとんどない人でした。

 

会社勤めを辞めて、整体の世界に入った時も、独立して個人事業主になった時も、一切反対をしません。

 

「いざとなれば、いつも何とかする人だから、不思議に大丈夫だと思っている」

 

 

家なんて持つと、自由に動けまわれなくなるからいらない、とずっと言っていた自分が、急に家が買いたいと言いだして、突然自宅を購入した時も、驚きながら受け入れてくれていました。

 

「本当に買うの?! あんなに要らないって言っていたくせに!」

 

「そんなことを云っていた気がする・・・(苦笑)」

 

 

犬をも食わないヒドイ夫婦喧嘩をしているときでも、

 

「あなたの様々なことが気に入らないけれど!
仕事を始め、やってきた行動は、全て尊敬しているから」

 

そんなことを云って、理解はしてくれていました。

すごく複雑なセリフですが(苦笑)

 

 

僕自身は、思考を働かせていることが多く、ぼ~っとしていることも多く、行動力もある人間ではないと思っています。

が、感覚が呼び覚まされると急に動き始めてしまう瞬発力のようなものがあり、多分、同居人としては、とても厄介な人間。

 

 

よく付き合ってきてくれたなと感じています。

 

マイペースながら、日々、コツコツ持続性のある努力家の妻と、すべて正反対な自分が同居した不思議な空間で、育ってきた娘たち。

人生とは、面白いものです。

 

 

いつも、子どもたちを大声で怒鳴り叱り飛ばしている様子を見ていると、百年の恋もとっくに覚めていますが(笑)、子育ての大変さが伝わってきます。

何気ない日常を送らせてくれている妻に、今日くらいは素直に感謝したいと思う、ふだん不遜な夫でありました。

 

 

正午はゆうに超えて遅くなりましたが、仕事を抜けだし、今日は妻をランチデートへ誘いました♪

 

 

東海大学前駅からほど近い平塚真田にある「CANOPUS  CAFE(カノープス カフェ)」へ

 

前から気になっていましたが、なかなか行かれず、ちょうど通りかかったので、当初行こうと思っていた店はやめて、直感で入ってみました。

 

 

さなだプレート、というランチメニューを二人でいただきました。

手作り感あふれる、手間のかかった料理で美味しい。

女性がちょうど食べやすいくらいの量です。

 

 

ふだんは、写真カンベンの妻も誕生日なので載せる(笑)

店内の雰囲気もGOODです。

 

 

 

先ほどの料理のお品書きは、こんな感じ。

 

 

本当は、中庭があったり、壁がステキな感じだったりなのですが、スマホで撮ったはずの写真が全く残っていない(涙)

 

まあ、妻も満足の遅いランチタイムのひと時を過ごせてよかった♪

 

 

 

夕方、いらしたクライアントさんからもサプライズが!

 

 

この女性クライアントさんとは、Facebookでもつながっている仲良しさんのおひとり。

 

昼間にアップした僕のFacebook&インスタグラム画像を見て、妻の誕生日を知り、いらっしゃる前に車を走らせ、素敵なハンカチをプレゼントに持ってきてくださいました。

 

先日も、たったひとりでバスに乗り、3.000メートル級の登山を敢行したカッコイイ女性です。さすがの行動力とお心遣い。

 

本当にステキなクライアントさんばかりに恵まれていて、しあわせです。

 

 

妻と自分は、昼間にケーキを食べたので、おやつに厳しい妻が、

 

「今夜は、ケーキいらない」

 

子供たちは、

 

「え~っ!!」

 

こんな平凡なやり取りで、妻の誕生日は過ぎていきました。

 

妻と娘たちがいつまでもすこやかであれ。

そんな心で、穏やかに過ごせた9月13日も、もうすぐ終わろうとしています。

 

 

こころ / ANN SALLY

https://www.youtube.com/watch?v=ObhawhCWYZo

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

修学旅行

先日のブログで、日曜日のことを書きましたが、ちょうどその時、我が家の長女は修学旅行に行っていました。

日光東照宮へ日曜の早朝から出発して、月曜の夕方帰ってきました。

 

月曜の夜最後のクライアントさんを終えて、二日ぶりに長女の顔を見ました。

修学旅行の楽しかった話をうれしそうに語りながら、お土産を見せてくれました。

 

 

「う~ん、凄いお土産を買ってきたな(笑)」

 

横から妻が見て、爆笑していました。

 

 

本人はこのお守りより遥かに高価な素敵な勾玉のチョーカーを出してきたので

 

「え~、いいな~、お父さん、そっちがいい!」

 

「なぜ、これにしたかと言うと・・・」

 

「いいな~、チョーカーとかペンダントほしかったな~。」

 

「だから、これはですね・・・」

 

「自分ばっかり高くていいの買ってきて!」

 

「もう、お父さんのために買ってきたのに」

 

 

せっかく買ってきてくれたのに、ケチをつけて大人げない父。

やめました、娘をからかうの。

その後、10分近く娘の話に付き合わされるはめに。。。

 

 

「ありがとう、大事にするよ」

 

 

楽しかったみたいで、寝る前までずっと修学旅行や日光東照宮の話を喋り続けた娘。

気がつけば、いいお姉ちゃんになり、とても、成長してきている娘。

このまま、真っすぐな人に育ってほしいなと感じました。

 

 

夜、自室でPC作業をしていたら、幼稚園児の次女が僕のところにトコトコやってきました。

 

「おとかは、ハンカチだけだよ」

 

自分の好みではなかったらしく、姉に遠慮して、ぼそっと報告に来た、いつもはお転婆の次女が可愛かった。

頭撫でて、ハグしてあげたら、満足したみたいで去っていきました(笑)

 

 

チョーカーやペンダントの類は、10年以上していないので、いいな♪と思いました。

ぜったい、長女よりいいのをじっくり選んでやる(笑)

 

 

ラストは、娘たちが大好きなミニオン♪

ミニオン バナナの歌

 

 

世界中がHappyでありますように♪

親子の関係性を勘当同然でほぼ絶っている友人が何人かいます。

 

夫婦の関係性を解消し、離婚をした知人も何人かいます。

 

とても仲の良かった親友と付き合いをやめてしまった知り合いの人たちもいます。

 

お子さんを病気や事故で亡くした友達もいます。

 

 

 

人生の場面では、様々な形で人と人の状況や関係性が変わることがあります。

出会いもあれば、別れもあります。

 

 

 

誰も本当には、個人の心の中の思考を共有することは出来ませんが、

それでも、人は誰もひとりでは生きていけません。

 

 

 

人とのかかわりの中でしか生きつづけることは出来ないのです。

 

 

 

戸籍上の関係がどうであろうが、

婚姻届けがあろうがなかろうが、

血がつながっていようがいまいが、

 

 

いつでも、人は関わりを持つことも、解消することも可能です。

 

 

本当は、生きとし生けるものはすべて自由です。

 

社会的制約がある中で生きていてもフリーです。

 

 

ゆえに、制度や風習、社会常識、通念を超えたところでつながる、

つながれる、つなぎ留めずにいられない関係性

 

 

いつでも、離れられる。

されど、付き合い続ける関係性。

 

 

 

 

それが、本物の絆なのではないか、と感じています。

 

 

 

嫉妬の感情の出来事に遭遇したお話を聞かせてくださったクライアントさんがいらして、

そこから、今、何を感じ取り、お伝えするべきかを考えていたとき、

絆、という言葉が浮かびました。

 

 

今夜、見えられた2回目のクライアントさんとの対話で、

もう少し先にあるものも感じ取りました。

その話は、整理がついたら、書こうと思います。

 

 

 

 

今ある自分の足元だけではなく、少し高い位置から下方を眺めてみる心持ちで。

そんなことをお話ししたとき、お顔に小さな灯がともるのが見えてくることがあります。

 

 

自分の目の前で、人の心に小さな灯がともる瞬間を見るのが好き

 

 

その時だけの刹那

それでもその瞬間の絆は本物だと僕は信じています。

 

 

 

山崎まさよし / 心拍数

 

世界中がHappyでありますように♪

ウォーキング

うちの整体院にいらして頂いているクライアントさんでウォーキングを始めた方が

何人かいらっしゃいます。

 

 

それで聞いてみると、皆さん口をそろえて仰るのが、「良い」と

50~60代の方が始めるケースが多いのですが、ご夫婦でと訊くと

男女問わず、「もちろん、ひとりで♪」

だそうです(笑)

 

 

ひとりで歩いていると、自分のペースで歩けて、

一番リフレッシュ出来ていいと仰います。

私もそう思う。

 

 

 

そうえいば、一昔前に気功の本場、中国でがんを克服した女性の

呼吸法とリズムだけを一定にしながら歩くだけの気功が話題になったっけ。

たしか、一定のリズムで歩き続けるのが、凄く体にいいとかいう話でした。

 

 

今の日本では、精神的な症状や自律神経症、あるいは慢性疾患の類に

診断されると、ほとんどの場合、長期的な薬の服用の処方を受けるケースとなります。

 

 

むやみやたらと西洋医学を否定しているわけではありませんが、

他国で疑問視されていて、処方に一定の制限、あるいは厳格なくらいの

条件付きの処方するくらいのお薬が、かなり軽く渡されている感が否めない

我が国の医療事情。

 

 

もう、そうした医療ビジネスの闇は、国内外の数多の医師の告発を受けていますが、

なぜか日本は、そうした認識が広まらない。

薬で抑え込んでおこうという癖が、多くの人に浸透しきっている。

 

 

なんで、そんな話をしたかというと、薬に頼る一辺倒はもうやめて、

カラダ動かそう、という話がしたかったのです。

 

 

歩行はとてもいいです。

 

血流良くなる。

じんわり汗もかく。

自然に水も飲みたくなる。

食欲なかったはずの人も腹が減って、ご飯が美味しくなる。

お通じだって良くなる。

筋力も自然につきます。

下肢から心臓へのポンプ作用も良く働く。

 

 

色々、症状があって辛いという方は、お医者さんに相談しつつ、

無理のない範囲内で、歩くといいです。

 

 

メンテナンスでいらしてくれているクライアントさんの方々も、

前より歩くことで、お身体の不調が起きにくくなっています。

 

歩いて、痛みが強い方以外は、歩くことを進めています。

 

 

と、云いつつ、日頃は施術室にこもっている自分もものすごく歩行不足(笑)

予約時間が空いてしまえば、すかさず、ポスティングにでも行くくらいの

フットワークの軽さを、いつも持っていたい!

と、決意を新たに(笑)

 

 

今日もハマっている山崎まさよしのナンバー

ガムシャラバタフライ

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

ドーナッツ

今日の午前中に書いたブログのこと。

 

仲良しのクライアントさんが見えられず、勘違いとの連絡があり、

夕方ひと枠空きが出たので、その時間にいらして頂いた。

 

「先生、お詫びに」

と、仰り、ドーナッツを差し出される。

あいさつに出向いた次女とお相手してくださる。

 

 

 

 

施術後、来院の予約カードを見せて頂くと、

「9/4(火)」の記入。

日付は予約時の通りだが、曜日を間違えている。

4日の今日は月曜日。

 

こちらの記入ミスにもかかわらず、慮ってくださり、

「自分も日付を勘違いしていた」と優しく微笑んでくださる。

 

帰りには、娘たち二人のお相手をしてくださり、

さわやかな笑顔でお帰りに。

 

 

自分はとても良いクライアントの方々に恵まれてしあわせ。

 

 

だから、全力で出来るお手伝いをさせていただく。

そんな想いが新たに浮かんだ夕方の出来事。

 

 

その後、いつも来てくださるラストのクライアントさんとも爆笑のまま、

あっという間に楽しい時間は過ぎて。

 

 

人とのご縁で生かされている日々

それがすべてなのだな~、なんて感じました。

 

 

今の季節

この施術室からは、鈴虫の音色があちらこちらから聴こえてきていて、

あまりに綺麗で、バックミュージックを止めて、

夜いらしたクライアントさんと一緒に聞き惚れたりする。

 

 

僕らの日常は、特別なことは何にもないと感じて生きている人ばかりかもしれないけれど、

本当は特別なことしか起きていないと思う。

 

 

今日も終わる

 

 

まだ、見ぬ明日の朝を待ちわびて

良い夢を

 

 

山崎まさよし – 空へ

https://www.youtube.com/watch?v=xe0yINT52ZM

 

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

案山子

今日は休日の日曜。

朝早く目覚めてしまい、読書したり、立禅や脳や脳の筋トレしたり。

 

のんばりしながら、午前中はファッションにうるさい長女を連れて洋服屋へ、

と思いきや、妻とお留守番すると言っていた次女も車に乗り込んできて、

結局、娘二人を連れて外出。

 

 

 

 

各々気に入った服を買って帰り、お昼は長女が焼いてくれたチーズオムレツと

先日妻子が習ってきて作った手打ちうどんの残りを解凍して焼うどん風に。

 

 

長女はトンビがなんとやらで、親に似ず、何をやるの手先が器用でうまい。

料理も上手になってきた。娘の成長を見るのは楽しい。

 

 

 

 

午後からは、鶴巻にある集合住宅地区であるひかりの街内の自治会館にて、

案山子(かかし)作りに参加した。

 

 

 

 

経験豊富なご年配の方々に教わりながら、妻や娘とわらを束ねるところから開始。

 

次女は敷地内の公園で遊んでばかりで、長女もつまらなそうに私のスマホいじって、
たまに写真を撮ったり・・・う~ん、親が作っても意味がない。

 

 

 

 

それでも、少しずつやる気が出てきた長女

骨組みに藁を巻き付ける作業は完成

 

 

 

 

 

ここから、案山子に衣装を着せていく作業

 

 

 

 

その間、公園で飛び跳ねている次女の相手

楽しそう(笑)

 

 

 

 

キウイの実

 

 

 

 

初秋の空は、雲がランダムに美しく

 

 

 

 

夏の抜け殻

蝉の一生の神秘に思いが至る

 

 

 

 

綺麗なドングリの実を集める娘を横目に、
殻のかぶったままの実をあえて拾って手に取ってみる。

 

 

 

 

その間も教えていただきながら、着々と作成は進んでいく

妻と長女とご年配の夫人のトライアングルで。

 

 

 

 

次女も最後のお顔塗りに長女と一緒にちょこっと参加

 

 

 

 

 

早いところでは、案山子が完成し始めている

 

 

 

 

 

色づく、樹々たち、そして、花

 

 

 

 

あれっ、いつの間にやら白い服が重ね着されている?!

 

 

 

 

これにて完成!

庭先でポーズ♪

 

 

 

 

いつの間にか、年齢差のあるボーイフレンドたちにモテている次女(笑)

 

 

 

 

何度も通りかかってはいるが、入って佇んだのは初めて。

なかなか素敵な公園で、居心地が良かった♪

 

 

 

 

たくさんの親子連れがご年配の方に教えていただきながらの案山子づくり。

子どもたちだけでなく、大人の自分たちにとっても良い経験となりました。

 

 

PS

 

孫に会いたがっている実家の両親を夕方拾って、子どもたちが大好きな回転寿司へ。

お昼軽くしか食べていなかったので、家族の食欲が爆発しました(笑)

 

 

〆のラーメンと思いきや、この後もデザートを食べて帰りましたとさ。

 

 

ちなみに、前のブログで体脂肪5.5%と書きましたが、痩せすぎたので意図的に体重増加を狙ってみました。

結果、この二週間で2キロ太り、体脂肪は、6.9%まで増加。

腹筋の割れ目もあいまいとなり、そこはそのままで良かったのに(苦笑)

 

 

世の中はうまくいかないことの方が多いというオチで今日は終わります。

 

 

 

秋の夜になぜか想い出す、美しいナンバー

 

風に折れない花

 

 

世界中がHappyでありますように♪

2017年9月3日 | カテゴリー : ブログ | タグ : | 投稿者 : masabud-dha

いい女の眉毛は太かった

私がまだ、10~20代であった頃。

 

そう、80年~90年代のいわゆるトレンディドラマに出演している
女優さんをはじめとする、いい女と呼ばれる女性の眉毛は太かった。

 

なぜ、そんなことを思い出したかというと、
部屋を整理していたらずいぶん前に買ってあったブルーレイディスクを見つけたから。

 

繰り返し録画用のBD-REタイプのブルーレイのパッケージが秀逸だったのだ。

 

 

書き換えたい、

過去の私の太いまゆげ。

 

 

その年代を生きていた人には伝わる素晴らしいコピーだ(笑)

 

 

 

この夏、施術着で主に着ていたのは、
スクラブでもなく、白衣でもなく、Yシャツでもないもの

 

一部のクライアントさんから

「先生、カッコイイじゃない♪」

と、ちょっと評判も良く、調子に乗って自撮り(笑)

 

 

とても、着心地がよくて気に入っていた、この施術着は、
実は、UNIQLO♪

 

スクラブなんかの半分の値段もしないけど、
夏場サラサラで快適に過ごせた。

 

ふと、自撮り写真を見て気がついた。

 

眉毛が細い。
何となく当たり前のように、整えている。

 

そう、現在は基本的に眉毛は細めが男女ともに標準となっている。

 

 

ことほど時代により、その流行り廃りは大きく変化する。

 

 

昔の不良が履いていたのは、ボンタンと言って提灯パンツみたいなのが流行ったっけ。

ジュリアナとか、ワンレンボディコンとか、あとはなんだっけ?

 

ちなみに、トレンディエンジェルというコンビ名も秀逸だ。

あの風貌の二人に、このコンビ名はスゴイと思う。

 

 

そんなわけで、流行を追いかけていても、しょうがないよな~

なんて、涼しくなった晩に呟く、不惑を超えたオッサンでした(笑)

 

 

 

時代の波に飲まれない自分でありたい・・・ムリヤリ、シブくまとめて終わりたい。

 

 

 

山崎まさよし / 未完成

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

信号機

YouTubeで音楽を聴いたり、映画の予告編を観る方も多いと思います。

 

当院にいらしてくれる若者のクライアントさんなどにお伺いすると、

テレビなんかほとんど見ないで、YouTubeばかりですという方が少なくない。

 

クリックして好みの動画の開始を待っていると、ときおり、動画広告が出てきます。

数秒立つとスキップできるので興味が無ければ、スルーします。

 

その中で、目に飛び込んできたのが電気自動車を可能性に言及した広告動画。

 

 

国の発表では、把握しているだけでも日本国内の信号機の数は、

20万8千機近いそうです。

 

 

これは、イギリスの5倍、アメリカの16倍の数

と、この動画では指摘します。

 

狭い国土の日本。

その中を多くの車が走っており、膨大な数の信号機の中、交通が繰り返されている。

 

信号機が多すぎて、停車が頻繁に行われてるの、
都心部での車の平均速度は、わずか時速16キロだそうです。

 

これは、ジョギングランナーの走る人力のスピードと変わらず、

日本国内のドライバーの精神的ストレスの度合いは他国の比ではないと思います。

 

ストレスを感じる場面が多くなるほど、当然、事故や違反の数は

多くなるそうです。

 

動画では、そのストレス等の負担軽減に電気自動車の進化が寄与できるといった内容で終わります。

 

国内の交通事故の多さは周知の事実ですが、それらが環境設定から

来ている要因が大きいことは間違いないと思います。

 

道幅が狭く、信号ばかり、日本のドライバーは世界で一番運転が上手くなると

何かで読んだ記憶がありますが、免許が取得できたとしても、

全員が運転が得意なわけではありません。

 

電気自動車の普及は一理ありますが、電気自動車自体が強力な電磁波を帯びている。

こうした指摘もなされています。

眼に見えないものは見過ごされがちですが、電磁波の問題は大きいとする科学者多い。

ならば、そちらも確認していくことが必要になります。

 

歴史上、効率や産業を優先してきた結果、交通事故の増加はもとより、

原発事故といった致命的な出来事を招いてきたことも事実。

ひとつの視点だけでなく、多面的に見ていくことが必要になります。

 

信号機のことから、思い浮かべたことがありました。

これらは、個人的な生活にも同じことが云える。

 

今ある自分の状態が、あまり良いものでないと感じるならば、

ストレスフルな交通状況と同じく、自分の過ごす日常にも不調和が起きていること。

 

国中の信号機の数を減らし、道幅を広くし、走る車の台数を減らし、

交通渋滞を減らし、ゆとりあるカーライフを構築する。

正直、現状これはかなり難しいです。

 

では、自分自身の日常を変えていくことは、上記に比べ、

かなり行える要素、可能性は高いと思いませんか?

 

住まい、飲食、服装、等など

たくさんの変化をつけていくことは可能です。

場合によっては、転職だったり、引っ越しだったり。

 

不調和に気づき、色々変えてみると、少しずつ日常も変化してきます。

場合によっては、あっけなく良い状態を体感することが出来る場合もあります。

 

そうして、また、不調和がおとずれたときに対応していきます。

 

試してみる、失敗してみる、修正してみる、また、試してみる。

何度でもやり直しは可能です。

 

素直な方は、とりあえずやってみます。

そして、また、学習して経験を増やしていきます。

 

子どもはみんなそうです。

 

大人になると、思い込みでやる前にストップをかけてしまいます。

経験値を重ねてきた大人が、あえて、手探りで変化を模索することは、

とても素敵なことです。

 

これを書きながら、自分自身、もっと素直に空っぽで進みたいなと感じています(笑)。

 

 

残暑厳しく、身体の疲れは集中力を弱めます。

車は安全運転で、ゆとりを持って走りたいものですね。

 

 

夏の疲れが出る季節柄。

私の周辺でも、ここ数日、体調不良の方のお話をいくつか耳にします。

皆さんもお体ご自愛ください。

 

 

夏が終わりの雷鳴の音が聞こえ始めています。

秋のはじまりに聴きたくなるナンバー

SING LIKE TALKING  「止まらぬ想い」

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

星のかけらを探しにいこう

毎年夏の終わりころになると、思い出して聴く曲があります。

 

福耳の「星のかけらを探しに行こう」

 

もう、16~17年前にリリースされた曲で、その年のLIVEを友人たちと連れ立って観に行った記憶があります。

 

バービーボーイズの頃から一段と、ハスキーで切ない杏子の歌声と山崎まさよし、スガシカオの絶妙なハーモニー。

未だ、この季節になるとFMラジオで時折かかる、ステキな名曲です♪

 

 

「福耳」は、その後、才能豊かなアーティスト達が加わり、「惑星タイマー」などのステキな曲も生まれていきますが、私の中で、福耳というとこの三人のアーティストの思い出が強い。

 

福耳の5年ぶりの新曲も発表されたようです。

 

 

 

「星のかけらを探しにいこう」は、調べてみると17年前の1999年のリリース。

 

ということは、私は、26歳・・・今考えると、まぶしい若さ(笑)

 

そして思うことは、何も変わっていない自分・・・当時の自分は今の歳の頃もっと進歩していることを思い描いていたはず。

 

それでも、本当にそうなのかな、なんて思う。

 

いつでも、自分の将来を大きく描いて、その年齢になったら立派になってるなんて錯覚している。あるいは、都合の良い未来を思い描きすぎている。

 

ときおり忘れる。

今をまっすぐ生きた結果が、未来(あした)につながっていることを。

 

 

夢は、睡眠中ではなく、起きているときに見なくては。

 

 

 

今日、男性クライアントさんにお話ししたのは、自己評価が低い人が多いということ。

今の日本の社会で生活していると、子どもの頃から自己評価が下がるような事象にばかり出会う機会が満載・・・ちょっと日本語が乱れた・・・でも、そう感じる。

 

 

 

誰もが、自己承認欲求を持っている。

人間として生まれてきた限り、自明のこと。

 

親でも、恋人でも、親友でも。

なにも求めず、ただ、自分のことを想ってくれる人がひとりいれば、人は生きていけるのでは。

 

 

そして、その先にあるものを死ぬまで見つめようとするから、人生は美しい。

 

 

だから、舟に乗って、願い忘れたことを抱えて、星のかけらを探しに行こう!

いい歳したオトナこそ♪

 

 

夏に聴くたびに、恋の曲なのに、それだけでなく、まだ、人生これからなんじゃない?・・・なんて、気持ちになる。

 

そして、何となく切ない気持ちを思い出させてくれる、この曲がとても好きです。

 

 

星のかけらを探しにいこう

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

 

トウシューズ

いつもメンテナンスにいらしてくださっているクライアントさんが、
バレエコンクールで頑張った我が家の娘のことを知り、
昨夜いらした際に、すてきなプレゼントをくださいました♪

 

 

本当に綺麗なトウシューズが描かれた生クリームのケーキ♪♪

長女は、感激!

次女は、ニコニコ(^^)

 

このお心遣いには、やられました・・・。
ありがたや・・・う~ん、負けた(笑)

 

 

ちなみに、このケーキを作ってくださった洋菓子屋さんは、
クライアントさんの友達夫婦が営んでいるケーキ屋さん

(写真はクライアントさんから拝借)

 

 

🍰おぎ野亭。厚木の上荻野にあるそうです。

 

 

キャリア数十年のご夫婦のお店だそうです。

 

 

綺麗な店構えと店内ですね♪

 

 

このご夫婦の娘さんもパティシエ目指して学ばれているとのこと。

ええ話やな~♪

 

 

本当は洋菓子なので当日食べなくてはですが、腹いっぱいだったので、

冷蔵庫でしっかり保管し、今日、娘たちはいただいそうです。

 

ここで、天邪鬼の次女がホワイトでなく、本当はチョコケーキが良かったと
云っていたみたいですが、

 

なんと!

 

 

長女の報告では、ご覧の通り、中身ははチョコレートケーキという

心にくい演出♪

 

 

プレゼントしてくださったこのクライアントさんは、女性ですが、

女性にしておくにはもったいない♪

男性でしたら、女性はいちころですね(笑)

 

 

しあわせをいただき、感謝感激の美味しいトウシューズ(ケーキ)のプレゼントでした。

私も頂こう♪

 

どうも、ありがとうございます!

 

HAPPY – Pharrell Williams (feat. Minions)

 

 

世界中がHappyでありますように♪