血行

血の巡りが悪い。

血がドロドロしている。

からだが良くない状態をこうした表現で言われることが多いけれど、血の流れは大切。

 

冷えや疲労、骨休め不足が重なると、血の巡りが悪くなる。

体の細胞の回復力が滞ると、本来、ひと晩眠れば回復するであろう状態が作れない。

結果、疲労が蓄積し、やがて痛みやしびれといった不具合につながっていく。

 

回復力高めるためには、自己治癒力を低下させている要素を取り除いていけば良い。

身体を元気にするのも、弱らせるのも意外とシンプルだったりする。

 

冷えた体では回復は望めないので、体温が低い人は、まずは上げることをおススメしたい。

 

ゲランドやキパワーソルト等、良い自然塩を少量で良いので、摂取するようにすると良い。

ミネラル豊富なので、カラダに必要なものも取り込める。

 

最近しつこく書いているが、低体温のキーワードは塩なのだ。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)
※アメブロ過去記事(2016.5月~12月19日まで記事)については、下記に移転しました。
一部記事の写真が移転できませんでしたが、心とカラダについての記事満載なので、良かったらお読みくださいませ(^^)/
秦野てんこい整体院ブログ

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分
東名高速秦野中井ICより車で15分

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

ビタミンC

読者の皆さま、お元気でしょうか?

風邪、胃腸炎が流行っていますね。

抗酸化作用をもたらす、ビタミンC(アスコルビン酸)の大量摂取で、
やることがあり、徹夜、睡眠不足の日もあり、私以外の家族全員が胃腸炎や熱でダウンした際も大丈夫でした(家族はあんまり飲んでいない)。

とにかく、粉末のアスコルビン酸。薬局でもインターネットでも安価に買えて、

抜群

の効果をもたらすので、ぜひ、試してみてほしいです。

詳しい飲み方はネットでいくらでも検索できるので、自己責任において少量ずつ試してみると良いです。

 

 

 

風邪ひいて解熱剤や風邪薬を飲んで、製薬会社や病院に利益を与えるだけの社会状況から早く脱却されることを願って書いてみました。

 

極力、薬にたよらないことが健康にとって、とても大切なこととなります。

 

 

良い年末をお過ごしくださいませ。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

冬こそお水を

ここ秦野は、天気予報よりも早く午後から冷たい雨が降り出し、寒い一日でした。

みなさんの過ごされる地域は如何だったでしょうか。

寒くなると、一日の中で水分を取る量が少なくなってきます。

 

暖かいコーヒーや紅茶等を飲まれる方も多いと思います。

これらは、カフェインも強い上に利尿作用も強いので注意が必要です。

 

寒くなり、タダでさえカラダはちじこまります。血行も悪くなり、肩こりが起こりやすい。

 

 

 

 

そこに、カフェインが交感神経を強める。

 

さらに、利尿作用でカラダから水分が輩出されてしまう。

 

冬場こそ、ぜひ、冷たくない常温以上、出来ればぬるいくらいの良いお水をたくさん飲んでいただけると良いです。

 

しばらく口に含んで、唾液と混ざるくらいになじんでから飲み干すくらいがベスト。

 

がぶがぶ飲まなくて良いので、ちびちび、一日を通して、多めに飲まれると良いと思います。

 

 

NHKのコント番組「LIFE」で、内村演じるスポーツ番長が決めゼリフで

 

「水は命だぜ~~~~~っ!!」

と、言ってました。
わかるひとには分かるネタ(笑)。

これ、ホントです!!

特に女性は、もともと男性にくらべ体内水分量が5%ほど少ないので、お肌のため、美容のためにも、お水♪

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

健康をとりもどす近道②  喜びのレシピ

秦野は、今、チョ~いい天気晴れ

 

暖かい日差しを受けながら、作業の合間に、このブログを書いております口笛

 

 

エイブラハムの言葉

 

 

・真っ先に喜びを求める

 

・笑う種をさがす

 

・自分や他人に褒め言葉を言う理由を探す

・自然や獣や人間の中に美を探す

 

・愛する理由を探す。毎日、朝に夕に、あなたの中に愛を呼び覚ますものを探す

 

・あなたを元気づけるものを探す

 

・他人を元気づけるものを提供する機会を探す

 

・幸福感を求める

 

・あなたの価値は喜びに照らして飲み、測られ得ることを知る

 

・これらのことをするもしないも、あなたのまったくの自由であることを認める

なぜなら、それらは例外なく、日々、一瞬一瞬、あなたが選択することだから

 

 

 

健康と関係ないと思っているアナタ!

 

これが出来ると実践できると、自然に健康になります。

 

 

 

 

 

これらのことをするもしないも、あなたのまったくの自由であることを認める

 

 

 

 

この言葉が一番、真理を伝えているのだけど、これが一番むずかしい。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

健康をとりもどす近道

1憶二千万の当ブログ読者の皆さま、こんばんは(笑)。

ここ秦野は、日中とても暖かかったです照れ

 

 

寒い冬が近づくので、健康の話。

 

いいですか、今日は極意を書きますよ~

 

 

永久保存版。

 

傾聴くださいニヤリ

 

 

前振りは、もういいって(笑)。

 

 

 

健康の極意は、10ヶ条。

 

1.食べ過ぎをやめる

 

2.飲み過ぎない(アルコール & カフェイン)

 

3.冷たいものを飲食しない(理想は、41度以上の物が良い)

 

4.眠れなくても、横になってカラダを休め、ミトコンドリア活性化&造血作用を促す

5.カラダを冷やさない

 

6.ネガティブな発言をしない

 

7.暗い話題に関心を極力持たない

 

8.人の心配事や不幸は背負わない

 

9.自分の悩みを笑い飛ばす

 

10.出来るだけ、笑顔で過ごす

 

 

6~10のマインドを創るためにも、1~5を実践すると良いです。

 

これは、自分の心掛けで、即実践可能です。

 

 

前半部分を実践すると、マインドも整いやすいのです。

 

 

 

 

 

 

腸内環境を良くするのは、発酵食品や乳酸菌だけの問題ではないです。

 

 

内臓温度を高く保つ必要があるのです。

 

 

 

冷たいアルコールを飲みながら、いくらカラダに良い発酵食品・乳酸菌類をとっても、

腸内環境は良くならないのですえーん

 

 

 

これらは、私も顕微鏡等の実験で、実際に確認いたしましたウインク

 

 

 

 

アトピーをはじめ、アレルギーを改善したい場合、体内温度は非常に重要です。

 

 

食べ物を注意しても成果が出ない場合、体内温度を冷やさない食べ物を摂取することで大きく改善する可能性は高いですニコニコ

 

 

 

 

 

外からカラダを冷やすよりも、飲食物で体内を冷やした場合、

自然に内臓温度を上げるのには、ひじょうに時間がかかります。

 

 

 

健康的には、真冬のアイスは自傷行為なのですが、どうしても食べたい場合は、かならず温かい飲み物等を一緒に摂ってくださいねニコニコ

 

 

 

イシイは、実践できているのか、って?

 

 

 

出来ていないです(笑)。

 

 

顔張り(がんばり)ます!

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

カラダの“冷え”をとる。

朝晩寒いっ。

 

本当に冷えてきました。

 

 

今朝、寝起きに左足だけ妙に冷えていることに気がつきました。

 

そんな季節だなぁ~。

 

カラダの左右の体温差を放っておくと風邪をひきやすくなりますショボーン

 

 

 

そこで、カラダの冷えを取る方法。

 

 

IMG_20161111_170831727.jpg

 

足の薬指と中指の間を、指の付け根から下へたどっていきます。

 

 

IMG_20161111_170832870.jpg

 

舌へたどっていくと間隔が次第に狭くなり、行き止まります。

 

そんでもって、ここを親指と四指ではさみ、親指をグッと押し込みます。

 

 

大体、冷えている方の足が、押してみると痛いです。

この間隔が狭くなっているからです。

 

 

これは内臓。

胃腸の冷えの現れなのですが、ここを解消して体内の冷えを取ってあげる方法。

 

 

 

IMG_20161111_170834168.jpg

 

 

ちょっとわかりづらいので、靴下めくって、裸足で失礼します。

 

こんな感じです。

 

 

ここを押し広げるように親指をしばらく押し込みます。

 

 

しばらく経つとゆるみます。

 

押しても、あまり痛くなくなりますニコニコ

 

 

 

胃腸の冷えが解消され、働きが回復します。

 

 

 

私は今朝やって、少し経つと、冷たかった左足がポカポカしてきました照れ

 

 

 

簡単で効果が高いので、お試しください。

 

 

二人一組でやると、技が広がります。

 

カラダは不思議で面白いです口笛

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

玄米はカラダにいい、って、本当?! ②

昨日の続きを書きます。

 

 

小麦による自己免疫疾患の人がヨーロッパにはかなり多いそうです。
(これまた、ジョコビッチの本はわかりやすかったです)

 

 

これは、自分の腸内細菌によって細胞内感染をしている免疫病の一種のことで、

なぜ、起こるかというと離乳食が早すぎるためと云われています。

 

 

早い段階でパン等の小麦を離乳食として与えると、このときからずっと続いてしまう

グルテンにより発生する腸内細菌の悪玉菌増加のため。

 

 

大丈夫な子供はいますが、

 

確率的には自家中毒でアトピーが発生する可能性は高まります。

 

 

日本でも、パンを食べる習慣が定着して、西洋的な症状も散見されるようになっています。

 

 

(ついでに、離乳の話題も。)

 

 

さらに、アメリカの影響で一時期、離乳食を極端に早めた経緯があり、

 

アトピーをはじめ、アレルギー疾患の拍車をかけたとも、

 

一部の医師から指摘が出ていたほどです。

 

 

 

いずれにせよ、離乳時期を早めて様々なものを食べさせていると、

アレルギーに苦しむ確率は高まります。

 

 

残念ながら、そば等のアレルギーのある食べ物により、

亡くなってしまうケースがあることを聞かれたことがあるかと思います。

 

 

 

胃腸等の消化器官は、大体、5歳くらいで大人と同じような構造に変化をとげます。

 

逆に云えば、それまでは、消化器官自体が形成途中で未完成の状態。

 

そこに、大人でも、合う合わないがある食べ物を、無自覚に子供に与えてしまうことの危険性は知っておいたほうが良いです。

 

 

大分話がそれてしまいました。

 

 

 

玄米にも雑穀にも確かに栄養素があります。

 

同時に、毒素や他の栄養素の吸収を妨げる抗栄養素の側面もあわせ持ちます。

 

 

さらに、穀物には、必要なミネラル成分が不足しています。

 

 

 

 

 

 

昨日のブログに取り上げた

 

「フィチン酸」

 

これは、人間の視点で観れば毒素です。

鉄、カルシウム、亜鉛、銅などのミネラルの吸収を著しく阻害します。

 

簡単に書けば、牡蠣やレバーといった豊富な栄養素を持った食べ物を食しながら、

玄米を一緒に食べると、それらの栄養素は追いやられて、吸収できない。

または、しにくい。

 

たしか、厳格な菜食主義者は、ミネラル不足の方が圧倒的に多いとする研究結果も出されていたと思います。

 

 

 

 

 

万能な健康法に祭り上げられることが多く、

 

あまり深く考えずに実践すると、実は体調不良もおこしがちな玄米菜食主義。

 

 

 

 

今回書いたブログは、

 

多様性があって良いことを伝えたかった。

 

自分自身が経験したことも含めて書かせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

玄米をはじめ、穀物について書いてきましたが、

 

 

食べ物は、栄養源でもあり、嗜好品でもある。

 

自分が好きで、カラダにも合うものを試しながら、食べていくこと。

 

 

 

 

多様性があるから、世界中で様々な食文化も生まれました。

 

 

 

 

健康には、陰陽、体質の問題も多分に関係するので、

 

自分に合ったものを見つけてほしいと思います。

 

 

 

食べ物、食べ方を変えると、

 

肩こり、腰痛、頭痛・・・・・・その他、色々な症状が変化してきて、

 

改善されてくることが多いです。

 

 

これ、ホントです(^o^)

 

 

食べ物が健康へのすべての要因ではありませんが、

最も大きな要素の一つであることは間違いありません。

と、いいつつ、

私自身、ラーメンをはじめ麺類全般。

パンも大好きなので参ったな(^_^;)

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

玄米はカラダにいい、って、本当?!

閑話休題。

 

 

今日は、ちょっと食物の話。

整体的観点から見ても食べ物の話は切り離せない。

 

 

 

 

 

 

テレビや新聞、ニュースは、為政者とマスコミに都合の良い報道が多い。

ネガティブキャンペーンがすさまじく、それが嫌い。

 

なので、自分はあまり見ません。

 

 

ただ、興味のある話題や、ネットでタイトルや写真に惹かれたブログ(アメブロも)等は

チェックしたりします。

 

 

 

 

その中で、最近気になっていたのが、

 

 

玄米。

 

 

今や健康食の代名詞ともなりました。

 

 

 

健康食。

ダイエット食。

カロリー制限。

食養生。

ファスティングの回復食。

 

 

 

あらゆる栄養素が含まれており、噛みごたえもあるので咀嚼力も上がる万能食。

 

玄米を美味しく感じられないから食べないけど、カラダにはいいんでしょ。

 

これが今や世の中、一般の多くの方の認識だと思います。

 

 

 

先ほど、メディアの話をしましたが、

 

盲目的に、“玄米はカラダに良い”という風潮も、

 

これら健康関連メディアの影響かと思います。

 

 

 

偏り過ぎた情報は危険です。

 

 

 

なので、事実を書いておきます。

 

 

 

 

実は、玄米には問題点が多いことはあまり知られていない。

 

 

 

 

 

 

大分前の話ですが、私は一時期ヨガにはまり、玄米を試していたことがあります。

玄米ジュースというものを作ったりして、妻にも栄養があるよと勧めて飲ませていたりしました。

 

毒素が妻の母乳から伝わり、当時、一歳の長女がお腹を無性に痛がるようになり、

やがて血便が出るようになりました。

 

いくつかの大学病院や小児専門の大病院等を渡り歩いて、

原因は大開腹検査(おなかを大きく開く手術)をしないと分らない。

 

 

開けてみても分らないかもしれないが、とも言われました。

 

 

幼い女の子のお腹なんか切らせてなるものか!!

 

 

あらゆる情報を調べ、アウトローながら良いお医者さんに出会い、乳酸菌に行きついて

約一ヶ月で治癒しました。

 

 

実は、その後に妻がはじめたホメオパシーで、まだ長女は3歳の時も母乳を飲んでいたので、
再び、腹痛のつらい目に合わせてしまった経験があり、この時も乳酸菌をいくつか併用して、

毒素を体外へ排出し、何とか回復しました。

 

玄米で健康を取り戻した人もたくさんいるとも聞きますので、

全面否定するわけではありません。

 

 

ただ、自分自身が経験し、娘を救うために必死に調べた記憶がありますので、

ご参考にはなるかと思います。

 

 

玄米には、毒性のあるアブシジン酸とフィチン酸があります。

 

 

ちなみに、七分づき米にすると、この毒素は検出されないそうです。

 

玄米を研究し尽くされてきた、免疫学のエキスパートの博士から

直接レクチャーを受けました。

 

 

これは、小麦等も同様です。

 

 

小麦製品はグルテンが入っているので、たくさん食べると腸内が悪玉菌で

いっぱいになってしまいます。
 

最近では、ジョコビッチの本でも話題になりましたね。

 

 

全粒穀物、豆類にも、「フィチン酸」が豊富に含まれています。

 

 

ここまで書いて、興味のある方は自分でネットでいくらでも調べられるからいいかと思いました(笑)。

以前に自分が必死に本を読み漁って調べていたころとは違い、検索すればすぐに出てくることでしょう。

 

ですが、せっかくなので、明日、続きを書きますね。

 

一度に長いと、途中で読まない人がいるから(笑)。

 

 

(続く)

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

ヤブ医者?

いつも、たくさんの方々にお読みいただき、ありがとうございます!

好き勝手書いているのですが、読んでくださる方がいらして嬉しいです。

昨日のアクセス数を見て、びっくりびっくり

700アクセス。

丹沢の山のイチ整体師のブログをこれだけ読んでいただけて、

自分自身ビックリしています。

 

 

ありがたやラブ

遅筆ですが、お読みいただいて下さる人がいらっしゃるので、

うれしくなって書いてます。単純なやつです口笛

 

今日も本音で好き勝手書くだけですので、ご容赦くださいませ照れ

 

 

 

妻や友人の女性は、割と健康志向があり、
食品添加物や自然食品にも詳しいです。

 

 

自然志向を好むので、極力、お薬や医療に頼らない感覚です。

 

 

中には薬どころか、予防接種なんぞ一切打たずに、

お子さんを成人まで立派に育て上げているツワモノもいたりニヤリ

 

 

 

 

個人的には、そうした方々との付き合いの方が多いので、

そこで上る話題に驚くことがあります。

 

 

「あそこのA先生(お医者さん)、風邪ひいて行っても、ぜんぜん、お薬くれないのよショボーン

 

「ヤブ医者よね~ムキー

「子ども、なかなか熱下がらなくて、鼻水や咳も出てるのにガーン

「うちは、B先生(医師)だから、いつも、たくさんお薬だしてくれるよ~ラブ

「もう、ウチもA先生の所には行かないことにしたの照れ

 

「その方がいいわよ~。B先生だったら、お薬必ずくれるからニコニコ

 

 

 

知人の自然健康志向のある子育て世代の女性たちに聞いた話では、
 

 

風邪などがはやる秋から冬にかけて、

このような会話が日常的に行われているそうです。

 

 

こうした会話をするママさんたちの意識の中では、

 

 

薬をのむ  =  症状が抑えられる =  治った =  子供が学校に行ける = 良い医者

 

という常識が根強くあります。

 

 

 

その逆に、薬を出さない医者は、ヤブ医者、というレッテルが貼られます。

 

 

気づかれている人は、いるものの、

 

 

こうした日本社会での常識は、若い人からお年寄りの方まで、

いまだ圧倒的多数です。

 

 

私は、一民間療法をする立場ですので、薬事法もあり、
当然ながらお薬のアドバイスを出来るわけではありませんし、

行なえません。

 

 

だからこそ、そうした立場にいる方々には、

お薬の有効性も含めて、慎重に処方をして頂きたいと思っています。

 

 

 

 

お薬をはじめ、適切な医療はもちろん必要ですし、

きちんと治療を受けるべきケースもあります。

 

 

 

それでも、TVをつけても、終日風邪薬をはじめとする医薬品のCM
が不安をあおるように、垂れ流される状況は、ちょっとおかしい。

 

 

そもそも、ほとんどのお薬は、症状を抑える作用はあっても、

治すためのものではないこと。

 

一時的に、痛みや不快な症状を緩和し、休息・睡眠を取ることにより、
自己治癒力を高めるために用いる。

 

 

それが事実です。

 

 

身体の証をきちんと診立て、体質改善のために中長期的に、

穏やかに処方される漢方薬などは別ですが、

 

 

西洋医薬等の一時薬をなるべく処方されないお医者さんの方が、

本来は腕が良いと考えるべきです。

 

 

 

これは、きちんと認識したほうが良いです。
 

 

 

きちんと認識すれば、

 

無駄な医療費は減ります。その分、本当に必要な費用に向けられます。

 

体調不良でも、薬で抑え込んで、ロボットのように働き過ぎることを強いる社会がおかしいと気がつきます。

 

 

 

 

 

昨日のブログの話にもつながりますが、

 

もっと、自分のカラダを、家族のカラダを、

 

自分自身のことを信頼しながら、大切に扱うと良いです。

 

そうすると、安易に薬に頼ろうとする意識が変わってきます。

 

 

 

もっと、いろいろ書きたくなってきましたが、

 

例え誤りがあっても、国内の大多数の常識が、全ての価値観の基準になりやすい国だなぁと感じています。

ちょいと、それはコワいことでもあるキョロキョロ

 

 

 

なんで、こんなことを書いたかと申しますと、

 

 

お客さんには、眼の使い過ぎ、糖質多すぎると良くないですとか言いながら、
空き時間に、スマホを見つつ、糖質食べまくり、ポテチを連日食べて(笑)。

 

昨日から頭痛が久々に起きたので、おはずかしいチュー

 

 

 

でも、薬なんか飲まんです。

 

カラダの自己調整して、ほっとけば勝手に治りますから。

 

 

 

サプリなんかはホントに効くのか、試してみることはありますがニコニコ

 

 

 

秋は、整体の観点から見ると、本当は小食で良い季節です。

 

 

 

 

暴飲暴食は控えて、温かくしてお過ごしくださいませ。

 

私に言われても説得力無いですね(汗)。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-

 

食の大切さ

昨日のブログに引き続き、食べ物の話。

 

家族や仲間との語らいの場でもある食事のひとときドキドキ

 

 

人間にとって、食事は単なる栄養を得るだけの場ではなく、

そこには、いのちの営みの原点があります。

 

 

楽しく食べていないと、カラダには良くない。

 

たとえ、ひとりで食事していても、しあわせな気分で食べることは出来ます音譜

 

 

そんなことをふまえつつ、

 

 

ここのところ、気温・気圧・湿度差の変動が激しく、

体調を崩しがちな人も多いので、

からだを温める食材について。

 

 

おおきな前提として、

料理をする際、

 

お水と塩。

カラダの組成として、基本にして一番重要な食材と言えます。

 

味噌、しょう油、等のような日本時にとって定番といえる物も良いものを使いたいものです。

 

これらをうまく使いながら、

さらに、秋から冬に向けて、カラダを温めてくれるもの。

 

 

ねぎ

にんにく

生姜

梅干し

納豆

肉類

ニラ

根菜類

 

等など

 

 

これらに類さずとも、

 

キュウリはそのまま食べると、思いきりカラダを冷やす方に働きますが、

塩で漬物にすると、陽に向かいますキョロキョロ

 

このように、陰陽のバランスを、調味料等で中和、逆転させることが出来ます。

 

 

よく噛んで、腹7分目くらいでおさえ、楽しく会話をしながら、
ひとりの場合は、歌を口ずさんだり、ブツブツ独り言を言いながら(笑)、

 

楽しく食べる。

 

 


 

 

糖質制限、おススメですが、僕はお米が好きなので、

一日のどこかで一食は軽く食べています。

 

 

バランスみながら、自分自身と対話して、たのしく食べれるといいですねウインク

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

—————————————————————-

腰痛・骨盤調整専門 秦野てんこい整体院
(総合バランス整体のため、上記以外の慢性症状も、もちろん対応可能です)

 

◆営業時間 : 午前9時00分~午後8時 (土曜日は、午後6時まで)
◆定休日 : 日曜、祝日
◆所在地 : 秦野市北矢名1093-7

◆最寄駅 : 小田急線「東海大学前」駅より徒歩15分 
東名高速秦野中井ICより車で15分

 

予約電話: 0463-68-7446

e-mailtenkoiseitai@gmail.com

 

◇秦野てんこい整体院HP(「秦野てんこい整体院」で検索)

 http://masabud-dha.info

—————————————————————-