骨盤矯正について

今日の施術の合間、夕方の時間にお電話で問い合わせを受けました。

 

公民館で登録をしている整体サークルについてでした。

実は、四月に立ち上げて一度開催したのですが、その後、思うところあって、休止しています。

 

電話口で、比較的ご年配の男性にその旨をお伝えしたところ、骨盤矯正に興味を持ち、方法も知りたくて問い合わせをしてきたとのこと。

 

 

「最近、この近くの整骨院だったか整体院からチラシが来て、骨盤矯正体験というもので、行ってみたら骨盤の角度やズレの不具合を云われて、通った方が良いと言われたので」

 

当院では、骨盤矯正という名称が通りが良いので、分かりやすく記述をすることはありますが、以前にブログにも書いた通り、“矯正”ではなく、“調整”という概念の方が近い感覚です。

 

「位置や姿勢だけに焦点を当てた骨盤矯正であれば、翌日には、すでにズレています」

 

骨盤矯正という概念は、身体が悪いことを起こしていて、その位置異常を機械修理のように文字通り矯正していくことです。

 

歪みと見えるものも、痛みや不調で訴えていることも、悪いものではないと考えるので、矯正という言葉には、とても違和感を感じます。

 

私自身の経験では、こちらの思惑で身体を矯正していった場合、その効果の持続性は短く、ゆがみや痛み、不快感で訴えているカラダの声を無視することで却って治癒を遅らすこともあり得ます。

 

そうしたことをお伝えしたところ、

 

「ガチャンと瞬間矯正できるベッドもあるし、電気治療で血行も良くなるから、治療を続けると、身体は良い状態、姿勢になり、楽に生活できると聞きました。」

 

からだの都合を聞いて、丁寧に感じ取っていくことが大切。その中で、自然に骨盤自体も自由に動ける体があればいい。

形だけ一時的に整えたかに見える矯正には限界があることなど、当院の考えは一応お伝えして、電話を切りました。

 

様々な考え方、そして、色々な整体や治療法もあり、それぞれが一定の効果を上げていると思います。

 

これは、メインにお伝えしている当院の考え方であり、無理強いはもちろんしません。

 

 

表面上改善しているかに見えるものよりも、その方の生活から見直し、元からより良い生き方を歩まれるようなお手伝いがしたいと思っています。

 

例え、それが一見遠回りに見えたとしてもです。

 

いらっしゃるクライアントの方々のお顔を思い起こせば、どうやら、自然法則から外れた治療法とは馴染めない方と、私はご縁があるようです。

 

今日もご縁のある方々との時間を大切にしていきたいと感じています。

 

 

 

世界中がHappyでありますように♪

Holstee

最近、身体の複数個所が、同時に痛い、しんどい、といった状態のクライアントさんと接することが比較的、多くあります。

 

当然、そのような状態でご来院される方々なので、たくさんの病院、治療院や整体院といったところに通ってきた人が多い。

 

人の脳の働きはよく出来ていて、例え、たくさんの不調箇所があっても、自分の身を守るために一ヶ所をピックアップして、痛みを感じるようになっている様です、本来は。

 

それが、病院等の検査でも特別な異常は見つからないにも関わらず、複数の個所に同時に痛みを感じる状態。

これは明らかに、自律神経やメンタルの問題が絡んでいるケースが多いと思います。

 

 

整体をさせて頂きながら、その方ご自身のマインドの転換を図るスイッチを探ります。

 

 

 

最近いらしたばかりの、ひとりの男性クライアントさんとお話しをしていて、どこもかしこも痛いと訴えられます。

 

特に、両膝はここ数年間、痛みが取れることもなく、病院では全く異常が分からない状態。

様々な治療法も試されてきましたが、大きな改善が見られないそうです。

 

 

 

今は精神的にも参ってしまったご様子で、奥様の勧めで一度だけ受けた心理カウンセリングの後、とても落ち込んだ状態での初来院。

 

「どこへ行っても、良くならない。先生に何とかしてほしい。」

 

何度もため息ばかりをつかれます。

 

「気持ちもとても落ち込んでいて、困っています」

 

何を話しても未来への不安要素ばかりを口にして、ずっとため息をつかれています。

 

どこかで気合いは必要です。

 

「僕は治せないです。自分で良くなろうという意思があるならば、精一杯お手伝いします」

 

「先生、この先、寝たきりとかになったら、どうしたらいいのだろう?」

 

身体の動きを見る限り、両膝の問題は感じられません。

 

「ご自分でなると決めたのですか?」

 

「なるかもしれないと不安だけど、本当はなりたくないです。」

 

「なりたくない想いがあるならば、一緒にやっていきましょう。

もし、なってしまったならば、なってしまってから考えましょう」

 

今、どうしようもなく、自分はメンタル的に参っていると彼は自覚をしています。

そして、こんな会話をしている中で、とても救われる言葉を見出したそうです。

 

 

先日いらしてから、しばらくたった昨夜、営業時間も終えるころ、

「先生、痛みが増しているようで不安です」

との電話がありました。

 

「急で申し訳ないのですが、予約を前倒して、明日診てもらえないでしょうか?」

 

朝二番目のちょうど空いていた枠に入っていただきました。

 

 

 

前回から今日までの振り返りをしながら、もう一度、丁寧に心身と向き合う作業を

二人でしていきます。

それだけで、身体の変化を感じたと言います。実際に、痛みがいくつも楽になられていきます。

 

 

お身体として、改善すべきところはあったので、それを丁寧に行っていくことをお約束したところで、ちょうど、お迎えのお車が来ました。

 

 

職場は好きなので、午後からお仕事を頑張るとのこと。

とても、つらい状態の中、十分立派だと思います。

 

 

 

今、私自身は、術者、受け手が、お互いに操法に集中しきった状態で起こる大きな変化とともに、

お話しながら、心身が変化していく整体の良さも実感しています。

 

 

今日お会いしていて、この方に必要だと感じて、紹介した文章があります。

 

 

 

これは、ニューヨーク ブルックリンに在る、Holstee(ホルスティー)というブランドのマニフェスト(宣言書)ポスター。

 

何かで知った文章です。

いいなと思っていたら、僕が尊敬する整体の先生がご自身のホームページでご紹介されていて、さらに大好きになったものです。

 

今では世界的に有名なこのポスターは、Holsteeで検索すると、たくさんの紹介記事やサイトを見ることが出来ます。意訳も少しずつ異なりますが、ここでも、一番オーソドックスなものをご紹介しておきます。

 

 

 

「マニフェストの日本語意訳」

 

これはあなたの人生です。
自分の好きなことをしよう、そしてどんどんやってみよう。
何か気に入らないことがあるなら、それを変えてみよう。
今の仕事が気に入らないなら、すぐに辞めればいい。
時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめればいい。

人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめたほうがいい、
その人は、きっとあなたが本当に好きなことを始めた時に現れるから。

考え過ぎるのはやめよう、人生はシンプルだ。

すべての感情は美しい。
食事を一口一口しっかりと味わおう。
新しいことや人との出会いに目を向けて、それを受け入れ心を開こう、
私たちは、互いに違うからこそ結びついていくんだから。
次に出会う人達に、何に情熱を注いでいるのか聞いてみよう、
そしてその人達に、あなた自身の夢も語ろう。

たくさん旅をしよう。

道に迷うことで、新たな自分をきっと見つけられるから。
時にチャンスは一度しか訪れない。それをしっかり掴むんだ。
人生は、あなたが出会う人達であり、その人達とあなたが創るもの。
さあ、待ってないで踏み出そう。

人生は短い。

情熱と共に夢を生きよう。

 

 

 

この文章を読みながら、入力した紙をお渡ししました。

 

「先生、何度も読み返してみます。自分がこうなってみると、家族にももっと優しく接してくれば、良かった。」

 

「思った時が、いつでもスタートです。何度でも、いつからでも、すべて新しい生活は、始められますよ」

 

 

車で迎えにいらした奥様が、一緒に来た娘さんとご主人を見つめながら、

「この人、今、テンションこんなんなってます」と、手を下へ下ろしながら、

娘さんを優しい目で「この子も手がかかる」と振り返り、笑顔で話されているのを見ていました。

 

 

「なんか、元気が湧いてきた。先生、ありがとう」

笑顔で社内に乗り込まれる親子の笑顔を見て、

大丈夫だな、と感じました。

 

 

これに関するイメージ動画もステキなので、良かったら見てみてください。

 

 

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

教えること = 学ぶこと

クライアントの皆さんには、睡眠の重要性を説きながら、日々寝苦しく、
どうせならば起きてようと、ほぼ毎晩2時間睡眠で頑張っていました・・・何を頑張る?(笑)

 

さすがに連日の寝不足がたたって、頭が痛くなり、
昨夜は、11時に消灯。しかし、普段寝てないから、1時に目覚める。

ここで秘密の安眠CDを使い、二度寝を敢行。
無事に眠りにつきました。

 

目覚めて、目覚まし時計を見ると「4:44」
なんか、いい感じ。

 

そのまま起きだして、脳活性化のエクササイズや立禅をやり、
早朝、所属する経営者の集いの朝活へ参加。

 

 

その足で、顔なじみのスタッフの方々が待つリラクゼーションサロンへGO♪

 

私の体のメンテナンスのため、癒されに向かいました・・・というのは、ウソです。
整体の講義をさせて頂きに伺いました。

 

ぜひ、と店長さんからリクエスト頂いて臨んだ3回目の今日は、
シンプルなレジュメを用意して、体の痛みを取り除いていく原理と実践練習。

 

を、予定していたのですが・・・行ってみて、閃いてしまって、皆さんに訊いてみたら
「それを習いたい♪」となり、急遽、操体法の手技をいくつか紹介しながら、
実践していきました。

 

 

スタッフの皆さん、とても感覚が良い方ばかりで、
受け上手。
さらに、操者としても圧のかけ方が初めてと思えないほど、お上手でした。

う~ん、リラクゼーション系のセラピストさん達
あなどれん!
と、本気で思いました。

 

 

割と近くで同業の方に出し惜しみなくお伝えしているので、
やがて、驚異のライバルになりそうで、しまった(笑)

 

 

実は、治療系、整体系、リラクゼーション系、等など
多くの流派があり、かなり業界内では仲が悪いようです。
私もこの業界に入る前に、外から眺めていた時にはよく分かりませんでした。

 

自分自身も多くセミナーに参加、様々な流派も体験してきたので、
けっこう出し惜しみして、肝心なところは教えないみたいなところも多数。

 

 

それが嫌だったので、全てだし惜しみなくをモットーに(笑)

 

 

今日は、受講4名という少人数で、教えるにはとても良い人数でした。

 

皆さん、楽しみながら学ぶ意欲満々で、それを実践で生かそうと刷る姿にも感心しました。
自分も頑張らねば!

 

 

はっきり言って、手取り足取り、丁寧に教えられる数などタカが知れています、

 

皆さんも何かを学ぼうと思ったら、大人数を集めて盛大に開催している
セミナーなんかに行かない方がいい。
組織を大きく立派に見せているところもNGです。

 

高揚感があるだけで、本物は身につかない。
これは、整体に限らず、なんでも当てはまると思います。

 

「俺は、花より実を取りたい」

 

 

梶原一騎(タイガーマスクやあしたのジョーの劇画原作者)原作の漫画の中で、
「プロレススーパースター列伝」で、NWA王者 リックフレアーが呟い言葉です。
一部の往年のプロレスファンにしか全く分からない話ですね(笑)

 

 

人に何かを伝える。

 

教えようとする。

 

 

そのこと自体が、自分自身の学びであり、喜びにつながることなのだと思います。

 

 

 

誰かのために役に立ちたい

 

良いと思うものを伝えたい

 

新しいものを学びたい

 

人に愛情をそそぎたい

 

まだ見ぬ出会いにワクワクしたい

 

笑顔があるところを求める

 

 

 

我々のDNAに組み込まれた理(ことわり)ではないでしょうか。

 

 

最近、騒がれているミサイルに関する報道などもありますが、
今、現在も世界は必ず良い方向に向かっていると私は信じています。

 

それは、人の本質を信じているから。

 

万物に宿る無意識の領域の愛を感じるから。

 

特に特定の宗教や神を信奉する人間ではありませんが、

そう感じるのです。

 

 

 

人を信じるには、愛するには、どうすればいい?

 

 

最近、こんなことを人から尋ねられました。

 

 

自分自身を信じる、愛する、本心で生きていく。

こんな風に答えた憶えがあります。

 

 

 

自分自身を認めてあげられたとき、人を信じ、愛することもできる。

今はそう思える自分がいます。

 

 

ちょっと、カッコイイ感じになってきたので、
ボロが出る前に、今日はここまで(笑)

 

 

とても涼しい夜風が吹く、月の夜はさわやかなナンバーを♪

スピッツ「つぐみ」

 

 

世界中がHappyでありますように♪

足蹴にされました

仲良しのクライアントさん達との楽しい一日の終わりに、

ラストのクライアントさんがいらした。

 

駅から徒歩でいらした、その女性。

開口一番、「暑いので、途中、喫茶店にでも寄ってから来ようと思いましたが、店がなんにも無い(苦笑)」

 

そう、当院までの道すがらは、駅前にオーガニックカフェ「ジンジャー&ピクルズ」があるのみで、その店も今は夏休み中。

 

ずいぶん早くにいらしてくださったので、前のクライアントさんが終わるまで別室で待っていただくことに。

 

聞けば、鹿児島からご主人の転勤で、まだ、こちらにいらしたばかりとのこと。

3年ほどの期限付きのため、いずれは故郷にお帰りになられるそう。

このお話をしている時点で、ご縁がある方だな~と感じる。

 

「あちこち痛いところばかりで」

と、仰り、今までにも大病を患ったことや、たくさんの鍼灸や整体も受けてこられたことを話された。

 

その中で、足で施術をするものが受けていて良かったので、ご自身も習って、ずっと周囲の方に施術をしてきてあげたとのこと。

 

ご自身も大病を患った経験がありながら、人のために役立つことが嬉しいと語るステキな方。

 

3年ほど前に股関節痛が悪化して立ち上がれなくなるも、自らもみほぐして、何とかやってこられたそうだが、また、悪化してきたので、最近、病院へ行かれた。

 

医師から、このままでは股関節がまずいと言われたが、治療らしいこともされず、ストレッチをやってみてはと云われて帰されたので、慣れない土地ながら、当院を見つけて来院されたとのこと。

 

とても感覚の良い方で、座位、仰臥位の操体法と、骨盤調整、頭部への手当てのみで

からだは激変。

 

施術後、

「先生、もの凄くいいです!」

と言って、股関節をぶんぶん回しながら、体操をし始めたので、

「よかったですね」

と言いつつ、笑ってしまった。

 

 

 

何も言わずとも、最優先で来ますと次回のご予約をお取りになり、退出される際、

 

「先生、ちょっとお時間宜しいでしょうか?」

 

「今日はこれでラストなので大丈夫ですが、どうされましたか?」

 

「私の足の整体を少しだけ受けて頂けますか?」

 

 

 

 

施術後、クライアントさんから、足で踏みつけられる、まさに、足蹴にされる整体を受けている自分(笑)

その状況がおかしくて、整体を受けながら爆笑しそうになったが、堪える。

 

とても、真面目に解説しながら、やってくださったから。

 

 

自分自身初めての貴重な体験で、面白かった。

受けてみての感触から、少しだけアドバイスさせていただいたところ、勉強になったと、とても喜んで下さった。

 

 

玄関で、

「今日は寝るまで、少しずつで良いので、お水を多めにお飲みください。明日は、もっとおからだが楽になっていますから」

 

とお伝えしたところ

 

「今、すでにとても楽です♪」

と言いながら、また、体操を始めたので、

また、笑った。

 

笑顔でお帰りになられた女性の後姿を見て、幸せな一日の日暮れを感じた。

 

 

そして、夜空を見上げつつ

 

福耳 / 惑星タイマー

 

 

世界中がHappyでありますように♪

 

 

 

 

 

 

腰痛 ~ 眼の手当て

今日夕方からの施術は、ときおり、いらしてくださる
ハードな肉体労働の男性クライアントさんでした。

 

 

昨日お仕事中に重いものを運び、左の腰から股関節にかけて、
痛めたとのこと。

 

 

 

 

はじめに座ったまま操体法の踏み込み操法をして、
左ひざを持ち上げると痛みが出る動きと逆のことをしてもらいます。

 

 

身体は、やりたいことを後押ししてあげると、
しんどかった動きも改善されて、自らバランスを整えるスイッチを入れます。

 

 

続いて、仰向け状態になり、骨盤調整をして身体全体の体液の流れをうながしつつ、
骨盤を緩めていきます。
この時点で硬かった骨盤内の左仙腸関節付近が、良い感触へ。

仰向け状態で外へ股を広げる動きに制限の癖がある方なので、
内転筋(内股から内ももにかけての筋肉)をゆるめていき、
股関節の動きも良くなります。

 

 

この後、お腹から腸腰筋へアプローチ。
少し圧を入れながら、気功のような手当てで硬くなっている
筋肉群をゆるめていきます。

 

 

頭の方へ手を移し、左右へふれていくと、やはり左側の頭の下部に
硬さがあり、そこへ触れて待ちます。
すると、ご本人にも実感があるくらい、頭がゆるみ、
さらに股関節の動きが良くなっていきました。

 

 

 

 

頭の各パーツに触れていき、軽く手を当てていきます。

 

なんとなく手が両眼に誘われ、ふわっとしばらく手当て。
すると、両足の足首から先が勝手に揺れ始めました。

 

 

次第に、痛めている方と反対の右足だけの揺れが断続的に起こり、
クライアントさんは、すぐに寝息を立て始めました。

 

 

 

そのまま、後頭骨へそっと手を置き、揺らぎを感じ続けます。
再び、体の揺れが断続的に起こります。

 

今度は腕や肩が動き始めます。
そして、再び足の動きへ。

ご本人は深い眠りに入りましたが、
身体は自己調整を行ってくれています。
人の本能とはすばらしいものです。

 

 

起き上がっていただき、整体は終了。

顔色も良くなり、疲労で重たかった頭はすっきりされたとのこと。

眼がパッチリされていて、良い感じです。

 

 

腰の動きも確認していただき、楽になられていたので、
このまま、早めにお休みくだされば翌日以降は、
しっかり回復されていることでしょう。

 

 

 

 

クライアントさんに後日伺うと、当院の場合、
翌日以降の方が整体の効果が出ているそうです。

 

 

この施術のキーポイントは、両眼への手当て。
特に左眼の反応を感じました。
重いものをはこんだことは要因であって、
眼の疲れも関係していたようです。

 

眼の疲れとは、本当は頭の疲れ。

 

 

不自然に眼や脳を酷使していること。
あるいは、夏の寝不足からくる眼の疲れ。

 

全身疲労や腰痛などは、このあたりから来ていることもあります。

 

 

 

 

ドラッグストアー等で販売されている、
小豆をレンジで温めて、目にあてるホットパックがありますが、
とても眼の疲れに良いです。

本当は蒸しタオルがベストですが、ホットパックの方が使い勝手がいい。
商品説明をよく読み、火傷に注意して試してみるのも良い方法の一つ。

 

 

残暑から初秋にかけての季節。
当院でも、頭や眼を緩めていく整体の出番がふえそうです。

 

 

 

世界中がHappyでありますように♪

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の解説ページです。

 

ここでは、症状による鑑別、特徴を挙げてみます。

 

【脊柱管狭窄症の機能的解説】

・脊柱管狭窄症のタイプの方は、一般的に腰の骨(腰椎)が前弯(前のめり)、
いわゆる“反り腰”タイプの人が多い傾向にあります。
腰を反らすことで、脊柱管は狭くなり、神経や血管を圧迫しやすくなります。

・女性や、特に太った方に多く見られ、その体型から反り腰になる傾向が強く、
坐骨神経痛を引き起こしやすいと言えます。

・年齢が若い方においては、腸腰筋の過緊張によるものが多く見受けられます。
高齢者の方は、大腿直筋の過緊張による股関節の屈曲拘縮による反り腰が多くなります。

・治療の方法としては、腸腰筋と大腿直筋・大腿筋膜張筋などの
前面の筋肉と脊柱起立筋の緊張をゆるめる。
これにより、筋肉の引っ張りによる腰椎前弯を緩める必要があります。

 

 

 

・その他に重要なことは、内転筋をゆるめて、下肢への血流障害を改善し、
間欠性跛行の症状を緩和、解消していくこととなります。

・腰椎分離すべり症の方も、このタイプの人がほとんどです。

 

 

【脊柱管狭窄症の症状による鑑別】

「どうすると痛いのか?」

・立っていると痛い

・数分歩くと痛んでくる(間欠性跛行)

・身体を反ると痛みが出る

 

「どこが痛いのか?」

・臀部から足裏にかけて、片側、または、両側に放散する痛みを感じる。
(限局的ではなく、全体的にぼんやりした感じ)

 

「痛みの質はどうか?」

ジンジンとした鈍痛(放散痛)

「SLRテストの結果」

仰向けでまっすぐにした脚を前方へ挙上していく検査で、特に問題ない場合が多い。

「楽になる動作・状態」

歩行時に痛みを感じた後、座って前傾姿勢を取ると楽になる。
基本的に座り姿勢は大丈夫である。

 

 


腰痛・坐骨神経痛の中には内科的な疾患や重篤な隠れた症状が見つから場合もありますので、
病院での検査も重要です。

 

ただ、病院で検査をしても、原因がよく分からない場合、
あるいは、他の手段がないので手術をすすめられているような場合は、
当院のような民間療法で思いもよらず、
改善するケースも多数あることを知っておいていただければ幸いです。

よほどの器質異常が無いかぎりは、きちんとした施術ペースとセルフケアの実践、
日常生活の見直しをしていけば、ほとんどの場合、改善していきますので、
過度な心配、希望を捨てるようなことはせずに、前向きに取り組むことが肝要です。

 

 

 

おそれ

クライアントの皆さんから、よく言われることがあります。

 

「先生はいつも穏やかで楽しそうで、ニコニコして迎えてくださって、悩みが無くて羨ましいです」

 

「ここへ来るとホッとして安心して、つい寝てしまう」

 

「石井先生には、なんでも話せます。聴いてください・・・。」

 

「先生に会いに来るのが楽しみで来ているんです」

 

 

 

みなさんから、このような言葉をかけてくださり、私もとても嬉しく思います。

 

 

ただ、本当はそうでもないのですよ(笑)

私も人間です。

日々、悩んだり葛藤があったりします。

 

 

クライアントさんは、何度か来てくださるうちに次第に元気を取り戻してくださいますが、
初めは何らかのお体の悩みを抱えていらっしゃいます。
そこで、迎える人間が平静でいなければ、
弱っていらしてくださる方の寄りかかる場所が見つからなくなってしまいます。

 

 

仲間にも、すばらしい人間性と腕前をお持ちの先輩の整体師の先生方と話していても、
みなさん、おっしゃいます。
いつも葛藤を抱えながらも、クライアントさんと真っすぐに向き合っている、と。

 

そうなんです。世に言われる名手と呼ばれる治療家でも内面は揺れ動いています。

 

それを人前で見せないだけなんです。
これは、整体の世界だけではなく、すべての世界にあてはまること。
才能の輝きがあふれるばかりのトップアアスリートでも、
音楽センスあふれるアーティストであっても。

 

 

では、どうして悩みや葛藤が生まれるのか

そして、人は苦しんだりするのか

 

 

それは、自分の本心と、自分の行っていることに、
齟齬や分離が起こっていることに他なりません。

 

そこで、人は苦しみます。

 

みな、社会の一員です。

仕事場で、家庭で、地域で、何らかの役割や地位を担っています。

小さな子供のように、

好きとキライ

やりたいとやりたくない

嬉しいと悲しい

 

本当はそうしたいことを自由にできるはずなのに、
必ず思考はブレーキをかけます。

本当はこうしたいけれど、すれば、何かが起こってしまう。

精神世界やスピリチュアルなどをご存知の方は分かると思います。

 

 

“おそれ”です。

 

 

そこから、いったん逃げ出すことは可能です。
しばし、正面切って向かい合うこと避ければよいからです。
ほとんど誰もが無意識にそうしているはず。

 

自分自身を守る手段と思えるからです。

 

ただ、

“おそれ”には向き合わざるを得ない場面が必ず起こります。

他の誰でもなく、自分の内面に向き合うことになります。

 

 

自分がそうしたいことにブレーキをかけているのは、
他の誰でもない自分自身だからです。

 

まんまでは、表現できないとき。

そこで、悩みや葛藤が生まれます。

赤ん坊のように泣けないから、苦しんだりします。

 

 

大きな使命と向き合い成し遂げるとき

 

人を好きになり想うとき

 

子どもを守るとき

 

家族の無事を祈るとき

 

 

それら、魂が突き動かされるような衝動がわいてくる場面で、
人は、本物の想いが沸き立ちます。

 

 

操体法や野口整体、あるいは、東西問わず世界中の自然法則に即した整体法は、
この感覚の解放と展開を手助けするためにあるのかもしれません。

 

 

身体を使って自己と向き合うことで、内面の真性も手繰り寄せている感覚
なので、治療法ではなく、整体と呼ばれる所以です。

 

 

すべてを思った通りに実現できなくとも良いのです。
人は社会性の動物であるからこそ、そうしたケースの方が多いかもしれません。

それでも、焦らず、正面から自分に向き合えれば、道は開けます。

ブログをお読みいただき、メールやメッセージを下さるみなさんへ

どうも、ありがとう!

悩まれているのは、真っすぐに自己と向き合おうとされているからですよ。
自己の日々に向き合っている証。

ご縁を頂き、嬉しく思っています。

 

悩みも葛藤も、誰もが抱えて向き合っています。
自分も同じですよ(^_-)
今日も一緒に、悩みも葛藤も抱えながら、楽しんで生きていきましょうね♪

 

暑さが戻ってきた夏の夜

「シャーベット・・・」から始まる涼やかだけどもの悲しい、大好きなナンバーを送ります

エンドロール/秦基博 (弾き語り)
https://www.youtube.com/watch?v=tRProulXJCk

 

 

明日も世界中がHappyでありますように♪

 

 

幅を広げる

昨日は、埼玉の新河岸駅まで赴き、AKA他、今まで学んでこなかった整体技術を学びに行ってきました。

 

 

ご指導いただいた村上先生は、埼玉で、スポーツ障害や腰痛・坐骨神経痛を得意とする接骨院の院長先生です。操体法等をはじめ様々な技術も学ばれてこられながら、それら感覚の良い方への有効な整体術に限らず、どんなクライアントさんにも適応できる技術の研究にも余念がない先生です。

 

感覚に頼る施術が比較的多い私も、システマティックに広範な対応が出来る治療法を学ばせていただきました。

 

腰痛や坐骨神経痛は発症すると、とてもツラいものですが、反面、病院等で診断名がつき、最悪手術をすすめられているような状態でも、しっかりと改善できるケースが多いのは本当です。

 

今回学ばせていただいた技術では、ストレッチ系もあり、かつ、治療的効果の高いものも学べて有意義でした。

 

村上先生とお話が一致したこと。

 

それは、TV出演や本などに取り上げられて評判のゴッドハンド巡りをしてきた方が改善せずに、自分たちの元へやってくる方が結構多いこと。

 

そうした方々に、特別な治療法をするでもなく、丁寧に当たり前のことを積み上げていくことで改善していくこと。

 

どんな場合も、きちんと丁寧にやるべきことをやる。

そのような大切なことも学ばせていただき、良い一日を過ごすことが出来ました。

 

技術的な幅を広げることは、クライアントさんへご提供できるアプローチもふえ、その分、改善できる確率も上がりますので、ひとつひとつの今まで技術をおろそかにすることなく、新たなものも取り入れながら、進化していきたいと思います。

 

腰痛・坐骨神経痛にお悩みの方は、ぜひ、諦めずにご相談いただきたいです(^-^)

 

村上接骨院の村上院長と

今日も世界中がHappyでありますように♪

恩人の誕生日

今日、7月27日は、私にとって大切な恩人の誕生日です。

 

その人と知り合ってから、それほどの月日がたっているわけではありませんが、年齢や性差、歩んできた道のりも超えて、自分にとっては何よりかけがえのない方です。

 

初めてお会いした時から、自分にはスペシャルな人でした。

 

 

その方のお話をうかがっていて、語りながら涙を流されたことが何度かありました。

 

私には、特殊な能力はありません。

 

ただ、その人がどんな思いで生きてこられてきたかが、同化して、理屈でなく、時折ですが、わかってしまうことがあります。

 

わかってしまったので涙がこぼれそうになりましたが、気づかれないようにグッとこらえて、平静を装いました。

実は、その方は整体を受けに来てくださっているクライアントさんの一人だったからです。

 

その方が涙を流されたときは、別に自分の歩んできた、険しかったであろう道のりを嘆いてではなく、ご自身がお仕事などでふれあってきた人たちへの思いを語る時でした。

 

人のために、自然に涙を流せる姿に、いつも感動させられる自分がいました。

 

そのような方でしたので、身体の反応も素晴らしく、整体の効果も大きく表れます。
その反面、ご自身が思っている以上に心身の変化が大きく、しんどい思いも多分に感じやすい人。

 

それでも、お会いするたびに何とも言えない微笑みを投げかけてくれます。

 

この方と接するうちに、私の整体にも変化がおとずれました。

 

そして、自分が世界を見つめる瞳も変わるきっかけとなりました。

 

 

なので、恩人であり、大切な方なのです。

 

 

 

本来、人はどこまでも自由です。

 

どんな明日も描けます。

 

 

誰かが不幸で、誰かが幸せ

そんな役回りはないのです。

 

 

誰しも、楽しく、自分らしく、陽気に生きる望みを持って生を受けました。

 

 

今世では、必ず亡くなる命ゆえに、生ある限り、自分の心に正直に生きていきたい。

 

 

 

そんなことを教えてくださった恩人の誕生日

だから、特別な一日。

 

本当は、毎日がそうなのだけど(^-^)

 

 

見上げてごらん夜の星を  秦基博

 

 

今日も世界中がHappyでありますように♪

 

 

 

 

 

 

 

整体を受けてみたい人からの質問シリーズ②坐骨神経痛

当院、インターネット関連が苦手です。

なので、ほとんどがご家族や友人からのご紹介か、たまに配布するチラシから知っていただいてのご来院の方々が多いです。

それでも、たまにですが、遠方から問い合わせが来ます。

「先生のところは、数年前、テレビで紹介されていましたでしょうか?」

「?!  いえ、テレビなんて出たことないです」

「あれっ、そうでしたか~」

以前にテレビを見ていたら、神奈川県秦野市の整体でTVで紹介されていた記憶があり、「秦野 腰痛」で調べてきたとのこと

そんなところがあることすら、私は知らなかったのでビックリです(笑)。

ご年配の女性から、80代の兄が坐骨神経痛で病院へ半年間通うも、誓約書を書かされたうえで、ブロック注射をされるのくり返しで良くなるどころか悪化しているとのこと。

最近では立つのきついので、困っているとの問い合わせでした。

訊けば、お電話をくださった、この女性ご本人も腰痛と猫背に困っているそうです。

お兄さんは神奈川県内ですが自力で来るには遠く、お子さんが連れてこないと難しい様子。
状態を聞く限り、単発の施術でどうなるレベルではなさそうです。

ご本人は、なんと大阪!
うちの院へ行ってみたいと言ってくださいましたが、これまた、高齢でもあるので単発では改善は厳しそうです。

色々、お尋ねになられたので、坐骨神経痛について、少しご説明をしました。

 
 
質問に答えながら、完全に手術しなければならないレベルの方は、実は少ないこと。
坐骨神経痛や腰痛を改善できる可能性は十分あることをお伝えしました。

 
ただ、かなり悪化してからだと、回復までに回数も時間もかかる場合が多いです。
(特に中高年の方)
発症するとかなりツラいです
(私、遠い過去に坐骨神経痛歴3年)
 
 
 
坐骨神経痛・腰痛には、ストレッチ、運動療法、操体法、正体術など有効なものはたくさんあります。
坐骨神経痛・腰痛のタイプには、大きく分けてふたつあります。
1.平背・猫背型(腰椎椎間板ヘルニアなど)
2.反り腰型(脊柱管狭窄症など)
話題になった(今もポピュラーな)マッケンジー体操なども、片方のタイプには良くても、逆のタイプにやって悪化なんて話もよく聞きますね。

反り腰か、猫背か、タイプにより、対応することも異なりますので、
一方通行的なセルフケアだと悪化する可能性もあります。

その辺をしっかり施術しつつ、セルフケアもお伝えしていかないと、
根本改善にはなりません。
当院では、その方の身体状況を考慮したセルフケア等もご指導いたします。
軽い方、比較的お若い方は数回、慢性化した方やご年配の方は数ヶ月。
大体、そのような感じで改善される方が多いです。
神技一手のみ!
3分で完了!!

なんてことは、私にはできません(笑)。

 

ホームランは打てませんが、ヒットはたくさん打っていけると思いますので、悩まれている方は、ぜひ、一度いらしてみてくださいね(^^)

 

 

ちなみに感覚の優れた方だと、あっという間に改善する、場外ホームランみたいなことも時折あります。
その場合は、ご本人の回復力がものすごく良いだけなので、アシカラズ。

そんな方に限って、私のことをスゴイ人だと勘違いしてくれます。。。